第160回:レアなアメリカ車が難民青年を乗せて走る
『希望のかなた』

2017.12.01 読んでますカー、観てますカー

怒りと悲しみでシリーズ名変更

アキ・カウリスマキ監督の新作である。2011年の『ル・アーヴルの靴みがき』以来となる長編映画だ。待ち望んでいた映画ファンは多いだろう。『希望のかなた』は、前作から始まった「港町3部作」の第2弾として企画された。しかし、今回から「難民3部作」というシリーズ名に変更している。監督の怒りと悲しみの表れだ。

前作でも難民が登場していたが、どちらかというと牧歌的な描かれ方だった。今から考えると、まだ余裕があったように見える。状況は変わったのだ。チュニジアのジャスミン革命から始まったアラブの春が広範囲で民主化運動を激化させた。独裁政権を打倒するという成果も得たが、無秩序と混乱が広がったのも事実である。イスラム過激派組織の動きが活発化し、内戦状態の国から難民がヨーロッパを目指すようになる。

短期間で激増した難民に対して、ヨーロッパ諸国も動揺する。100万人規模の移動が現実となると、人道的な観点から受け入れを表明していた各国の政府は態度を変えていった。異文化受け入れへの拒否感だけでなく、職を奪われる恐怖が偏狭なナショナリズムをエスカレートさせる。テロ事件が続発したこともあって、難民排斥を訴える極右政党が支持を伸ばしていった。

社会の底辺で暮らす人々が登場する作品を作り続けてきたカウリスマキ監督は、世界に不寛容が拡大していくことに危機感を抱く。作品公開に向けて、メッセージを寄せた。
「私がこの映画で目指したのは、難民のことを哀れな犠牲者か、さもなければ社会に侵入しては仕事や妻や家やクルマをかすめ取る、ずうずうしい経済移民だと決めつけるヨーロッパの風潮を打ち砕くことです」
これだけ読むと激烈なプロパガンダ映画かと思ってしまうが、もちろんそうはならない。テーマが深刻でも、いつもどおりのカウリスマキ節が全編を貫いている。

© SPUTNIK OY, 2017
© SPUTNIK OY, 2017拡大
 
第160回:レアなアメリカ車が難民青年を乗せて走る『希望のかなた』の画像拡大
 
第160回:レアなアメリカ車が難民青年を乗せて走る『希望のかなた』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事