【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開

2017.11.30 自動車ニュース
「マツダ6(日本名:アテンザ)」
「マツダ6(日本名:アテンザ)」拡大

マツダは2017年11月29日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催中の2017ロサンゼルスオートショー(開催期間:2017年11月29日~12月10日)において、マイナーチェンジ版「マツダ6(日本名:アテンザ)」のセダンモデルを世界初公開した。

 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更したほか、新たなパワートレインの設定や安全装備の強化を行うなど、全方位的なブラッシュアップを図っている。

外装では、フロントグリルやヘッドランプ、ライティングシグネチャー、17インチおよび19インチホイールに新デザインを採用。従来ブラックだったリアバンパーの下部は、ボディー同色へと変更している。また、ボディーカラーには新たに「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定した。

インテリアでは、デザインを一新し、「フラッグシップモデルにふさわしい、ゆったりとした、おもてなし感を表現した」とされるシートが新しい。マツダ車としては初めてシートベンチレーション機能も採用している。

パワートレインには、マツダのセダンとしては初めて2.5リッターガソリンターボエンジンの「SKYACTIV-G 2.5」を設定。気筒休止システムを備えるなど、効率化も追求している。

このほか、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール「マツダレーダークルーズコントロール」や360度ビューモニターを採用するなど、安全装備の充実も図っている。

米国での発売は2018年春とアナウンスされており、仕様の詳細についても同時期に明らかにされる予定。

(webCG)

関連キーワード:
アテンザセダンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG/カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”【試乗記】 2018.7.16 試乗記 「トヨタ・オーリス」がフルモデルチェンジを受け、日本では新型車「カローラ スポーツ」としてデビュー。最新の“つながる機能”を備えた、トヨタが世界で勝負するグローバルモデルの出来栄えは? 千葉の一般道で1.2リッターターボ車とハイブリッド車をテストした。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る