【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開

2017.11.30 自動車ニュース
「マツダ6(日本名:アテンザ)」
「マツダ6(日本名:アテンザ)」拡大

マツダは2017年11月29日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催中の2017ロサンゼルスオートショー(開催期間:2017年11月29日~12月10日)において、マイナーチェンジ版「マツダ6(日本名:アテンザ)」のセダンモデルを世界初公開した。

 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更したほか、新たなパワートレインの設定や安全装備の強化を行うなど、全方位的なブラッシュアップを図っている。

外装では、フロントグリルやヘッドランプ、ライティングシグネチャー、17インチおよび19インチホイールに新デザインを採用。従来ブラックだったリアバンパーの下部は、ボディー同色へと変更している。また、ボディーカラーには新たに「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定した。

インテリアでは、デザインを一新し、「フラッグシップモデルにふさわしい、ゆったりとした、おもてなし感を表現した」とされるシートが新しい。マツダ車としては初めてシートベンチレーション機能も採用している。

パワートレインには、マツダのセダンとしては初めて2.5リッターガソリンターボエンジンの「SKYACTIV-G 2.5」を設定。気筒休止システムを備えるなど、効率化も追求している。

このほか、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール「マツダレーダークルーズコントロール」や360度ビューモニターを採用するなど、安全装備の充実も図っている。

米国での発売は2018年春とアナウンスされており、仕様の詳細についても同時期に明らかにされる予定。

(webCG)

関連キーワード:
アテンザセダンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・フォレスター」の国内受注がスタート 2018.5.18 自動車ニュース スバルは2018年5月18日、同年夏に発売を予定している5代目「スバル・フォレスター」の先行予約を開始した。新型では、モーター付きの「e-BOXER」搭載モデルもラインナップされる。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る