「プジョー207スポーティアム」300台限定で発売

2011.08.25 自動車ニュース

プジョー、「207」の特別仕様車「スポーティアム」を300台限定で発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトハッチ「プジョー207」シリーズのエントリーグレード「207スタイル」をベースにスポーティな装備を追加した限定車「207 Sportium(スポーティアム)」を、2011年9月10日に発売する。

「207スポーティアム」は、昨2010年にもプジョーブランド創業200周年記念限定車として限定170台が販売されたモデルで、今回一部装備が追加・変更され、再び販売されることとなった。

同モデルの特別装備内容は以下の通り
●エクステリア
・17インチアロイホイール「ホッケンハイム」
・パノラミックガラスルーフ
・エグゾーストパイプ・フィニッシャー
・「Sportium」エンブレム
・アルミペダル&フロント・ドアステップガード
・バックソナー
・スーパーティンテッド・リアサイド&リアガラス
●インテリア
・シート表皮(ファブリック/人工皮革のコンビネーション)
・ダッシュボードアクセントトリム
・革巻きスポーツステアリング
・クルーズコントロール

パワートレインに変更はなく、1.6リッター直列4気筒 DOHCエンジンと4段ATの組み合わせ。ボディーカラーは、ビアンカ・ホワイト、オブシディアン・ブラック、アデン・レッド、オアシス・ブルーの全4色が用意される。

価格はベース車より15万円高い214万円。300台限定での販売となる。

(webCG)

「プジョー207スポーティアム」
「プジョー207スポーティアム」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る