「プジョー207スポーティアム」300台限定で発売

2011.08.25 自動車ニュース

プジョー、「207」の特別仕様車「スポーティアム」を300台限定で発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトハッチ「プジョー207」シリーズのエントリーグレード「207スタイル」をベースにスポーティな装備を追加した限定車「207 Sportium(スポーティアム)」を、2011年9月10日に発売する。

「207スポーティアム」は、昨2010年にもプジョーブランド創業200周年記念限定車として限定170台が販売されたモデルで、今回一部装備が追加・変更され、再び販売されることとなった。

同モデルの特別装備内容は以下の通り
●エクステリア
・17インチアロイホイール「ホッケンハイム」
・パノラミックガラスルーフ
・エグゾーストパイプ・フィニッシャー
・「Sportium」エンブレム
・アルミペダル&フロント・ドアステップガード
・バックソナー
・スーパーティンテッド・リアサイド&リアガラス
●インテリア
・シート表皮(ファブリック/人工皮革のコンビネーション)
・ダッシュボードアクセントトリム
・革巻きスポーツステアリング
・クルーズコントロール

パワートレインに変更はなく、1.6リッター直列4気筒 DOHCエンジンと4段ATの組み合わせ。ボディーカラーは、ビアンカ・ホワイト、オブシディアン・ブラック、アデン・レッド、オアシス・ブルーの全4色が用意される。

価格はベース車より15万円高い214万円。300台限定での販売となる。

(webCG)

「プジョー207スポーティアム」
「プジョー207スポーティアム」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る