第2回:杜の都・仙台へ 東北道でIntelliSafeを試す

出しゃばらないのがボルボ 2017.12.05 徹底検証! ボルボXC60 世界で一番売れているボルボ、「XC60」が、新プラットフォームの採用でよりスタイリッシュに進化。その走りや運転支援システムの仕上がりを、杜(もり)の都・仙台へのロングドライブで確かめた。

ミニマルでありながら個性あるデザイン

待ち合わせ場所にひとり佇(たたず)んでいると、最新のボルボXC60は滑るようにして私の目の前に現れた。日曜日の早朝、大手町のビル群を背景にしたシルバーのXC60は怜悧(れいり)な輝きを放っていた。

トーマス・インゲンラートが描き出した最新ボルボデザインの魅力を説明するのは、それほど難しいことではない。最小限のデザイン要素で、シンプルかつ個性的なスタイリングを描き出す。ただし、ひとつひとつのラインと面は徹底的に磨き抜かれているので、無個性に陥りがちなミニマルデザインでありながら「静謐(せいひつ)な緊張感」とでも表現したくなる独特の味わいを醸し出している。これは北欧家具などに見られるスカンジナビアンデザインと共通の手法といっていいだろう。くわえて、北欧神話に登場するトールハンマーをモチーフにしたT字ストライプをヘッドライトに埋め込むなどして、スウェーデン生まれであることも強調している。インゲンラート自身は先ごろボルボのチーフデザイナーから子会社であるポールスターの代表へと異動したが、最新の「XC90」「S90」「V90」には、いずれも彼が生み出したデザイン言語がはっきりとした形で息づいている。

それは、ここで紹介するXC60もまったく同様。しかし、XC90とXC60は、同じデザイン言語を用いていながら、XC60では軽快感や躍動感がより強く描かれている。同じデザインファミリーでも、そこで表現される世界観は大きく異なるのだ。「どのモデルをとっても同じデザイン」というプレミアムブランドにありがちなジレンマを鮮やかに乗り越えたインゲンラートの手腕は、称賛されてしかるべきだろう。

今回の試乗車は、2リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載した「T5 AWD」の上級グレード「T5 AWDインスクリプション」。「XC60」はグローバルの販売台数の約3割を占める、ボルボのベストセラーモデルだ。
今回の試乗車は、2リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載した「T5 AWD」の上級グレード「T5 AWDインスクリプション」。「XC60」はグローバルの販売台数の約3割を占める、ボルボのベストセラーモデルだ。拡大
トールハンマーをモチーフにしたT字型のLEDデイタイムランニングライトが目を引く。ミニマルでありながら静謐な緊張感を伴ったデザインは、クリーンで近代的な都心の街並みによく似合う。
トールハンマーをモチーフにしたT字型のLEDデイタイムランニングライトが目を引く。ミニマルでありながら静謐な緊張感を伴ったデザインは、クリーンで近代的な都心の街並みによく似合う。拡大
先にデビューした「XC90」と同じデザイン言語を用いながらも、より軽快感や躍動感を感じさせる「XC60」のエクステリア。ショルダー部を強調し、ボルボらしさを演出するテールライトにもLEDが採用されている。
先にデビューした「XC90」と同じデザイン言語を用いながらも、より軽快感や躍動感を感じさせる「XC60」のエクステリア。ショルダー部を強調し、ボルボらしさを演出するテールライトにもLEDが採用されている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • アウディが「Q3」など4モデルに充実装備の限定車を設定 2018.5.8 自動車ニュース アウディの「A3セダン」「A3スポーツバック」「TT」「Q3」に充実した装備が魅力の限定車登場。通常はオプション扱いとなるSラインパッケージや、運転支援システムのアシスタンスパッケージなどが標準装備となる。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
ホームへ戻る