新型「X3」は「7シリーズ」の兄弟車?
BMWの新世代プラットフォーム戦略を考える

2017.12.04 デイリーコラム

これまでとは全然違う

新型「BMW X3」の試乗会に参加して、相当に驚いた。自分の抱いていたイメージとあまりにかけ離れていたからだ。

欧州では夏前にデビューを済ませている新型BMW X3について、筆者は今年9月のフランクフルトモーターショー取材で現物を目にしている。しかし、そのときの印象は「先代モデルとあまり変わってないなあ」というもの。今回の第3世代モデルへの進化は、あまり大きなものではないと思い込んでいたのだ。

しかし、それが大間違いであった。新しいX3は、非常にコンフォートだった。インテリアの質感は高く、静粛性も高い。乗り心地も十分に快適だ。アクセルを深く踏み込んでいけば、BMWらしいスポーティーな動きも見せるが、全体としての印象は“スポーツ”ではない。

もともとX3は、スポーティーセダンである「3シリーズ」から派生したモデルで、他のオフローダー然としたSUVとは一線を画す快活な走りが特徴だった。誕生当初はBMWのSUVのエントリー車種でもあったから、なおのこと若々しさが強調されていたのだろう。「X1」の登場もあって2代目のモデルでは「コンフォート路線に寄ってきたな」と思ったが、それにしても最新モデルは予想以上に、良いモノ感たっぷりの高級SUVとなっていたのだ。走ってみて、ものすごくクオリティーが高くて驚いた。それこそ「オーバークオリティーじゃないの?」と思うほどに。

だが、よくよく考えてみれば、その変化も当然だったのだろう。なぜなら、新しいX3は3シリーズの派生モデルではない。プラットフォームには最新「7シリーズ」と同じものが使われているのだ。

新型「BMW X3」。
新型「BMW X3」。拡大
現行型「7シリーズ」は2015年のフランクフルトショーで発表された。
現行型「7シリーズ」は2015年のフランクフルトショーで発表された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事