新型ベントレー「コンチネンタルGTC」デビュー【フランクフルトショー2011】

2011.08.24 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】新型「ベントレー・コンチネンタルGTC」がデビュー

英ベントレーは、2011年9月開催のフランクフルトモーターショーに新型「コンチネンタルGTC」を出展する。

■オープンモデルも新世代へ

2011年上半期、ベントレーは前年同期比で約20%の販売台数増を記録した。好調をけん引する理由のひとつに、2010年のパリサロンでデビューした2代目「コンチネンタルGT」の人気が挙げられるが、そのコンバーチブル版である「コンチネンタルGTC」が、2011年9月開催のフランクフルトショーでいよいよデビューすることになった。

クーペのコンチネンタルGT同様、このコンチネンタルGTCもまた、初代のイメージを色濃く残しながら、アップライトに配置された「マトリックスラジエターグリル」やLED付きヘッドランプなどの効果で、存在感を高めている。“スーパーフォーミング”という方法でつくられたアルミのフロントフェンダーが美しさと力強さを強調するのもコンチネンタルGTと同様。また、「二重の蹄鉄(ていてつ)」をテーマとしたリアデザインが、新世代のベントレーであることを主張している。

美しいレザーとウッドがぜいたくにあしらわれたインテリアは、ベントレー伝統のクラフトマンシップにあふれるもので、以前にも増して上質な雰囲気がつくりあげられた。新型「コンチネンタルGTC」では、レザーは17色、ウッドパネルは7種類が用意される。

ルーフは多層のファブリックトップを採用。防音ガラスとボディ下の吸音パネルを用いることで、クローズ時の静粛性を確保している。一方、オープン時の快適性を高める「ネックウォーマー」がオプションで用意される。

パワートレインは、コンチネンタルGTと同じ、6リッターツインターボW12エンジン(最高出力575ps、最大トルク71.4kgm)を搭載。6段ATとの組み合わせで、0-100km加速=4.8秒、最高速度314km/hのパフォーマンスを発揮する。駆動方式はフルタイム4WDだが、従来型はトルク配分が前50:後50だったのに対し、新型では前40:後60に改められた。なお、エンジンはガソリンだけでなく、E85バイオ燃料にも対応するが、日本ではプレミアムガソリン仕様となる。

日本での価格は2640万円。すでに受注は開始されており、納車は2011年後半から始まるということだ。

(文=生方聡)


新型「ベントレー・コンチネンタルGTC」
新型「ベントレー・コンチネンタルGTC」
 
新型ベントレー「コンチネンタルGTC」デビュー【フランクフルトショー2011】の画像
 
新型ベントレー「コンチネンタルGTC」デビュー【フランクフルトショー2011】の画像
 
新型ベントレー「コンチネンタルGTC」デビュー【フランクフルトショー2011】の画像
 
新型ベントレー「コンチネンタルGTC」デビュー【フランクフルトショー2011】の画像

関連キーワード:
コンチネンタルGTCベントレーフランクフルトモーターショー2011自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル/ミュルザンヌ【試乗記】 2014.9.23 試乗記 4リッターDOHCと、“伝統の”6.75リッターOHV。素性の異なるV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーの“レアな”2モデル、「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」と「ミュルザンヌ」を初秋の箱根で試した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • 世界限定30台、「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に特別仕様車登場 2017.7.25 自動車ニュース
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記