第531回:日本のデザイナーをカリフォルニアに!
ロサンゼルスオートショーでカーデザインの未来を考える

2017.12.08 マッキナ あらモーダ!

大物のニューモデルがデビュー

ロサンゼルスオートショーが2017年11月28日に開幕。会場では新型「メルセデス・ベンツCLS」「ジープ・ラングラー」といった車たちがワールドプレミアを飾った。

メルセデス・ベンツCLSは、「4ドアクーペ」のトレンドセッターとなった偉大な初代の呪縛にとらわれていた2代目からすると、3代目はずっと伸び伸びとしたデザインになった。少し前、初代のユーズドカーを買おうか真剣に迷っていたほどのCLSファンであるボクとしては、かなり引かれる。

残念なのは、後部ドアのウィンドウの天地が少ないため、相変わらず顔を車外に出せないことだが、これはボクの“デカ顔”が原因である。

環境先進エリアであるカリフォルニアらしい話題もあった。トヨタは家畜の排せつ物や汚泥を利用したバイオマスによる燃料電池(FC)発電所および水素ステーションを建設することを発表。そこで作られた水素は、実証実験中のFC大型商用トラックにも使用する。

会場では実際にFCトラックがやってきて、脇のスクリーンに「従来のディーゼルエンジン搭載トラックを圧倒的に凌駕(りょうが)する加速力」が繰り返し映し出されていた。

ロサンゼルスオートショー2017年で発表された、新型「メルセデス・ベンツCLS」。
ロサンゼルスオートショー2017年で発表された、新型「メルセデス・ベンツCLS」。
新型「ジープ・ラングラー」。
新型「ジープ・ラングラー」。
トヨタのプレゼンテーション会場に現れた、燃料電池搭載の大型トラック。
トヨタのプレゼンテーション会場に現れた、燃料電池搭載の大型トラック。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事