渋滞研究家・清水草一が語る
年末年始の高速渋滞との付き合い方

2017.12.06 デイリーコラム

渋滞予測はほぼ当たる

今年も年末年始の渋滞予測が発表された。

詳しくはNEXCO各社のウェブサイトをご覧いただきたいが、渋滞予測は主に過去の実績をもとに立てられる。つまり今年に限って特段の傾向があるわけではなく、例年通り、下りより上り渋滞の方がより集中する。10km以上の渋滞予測回数のピークは、上り・下りとも2018年1月2日となっている。

私は渋滞研究家でもあるので、毎年この時期になるとメディアから渋滞予測に即したコメントを求められる。焦点は「渋滞回避の方法」だ。

回避法はひとつしかない。事前に発表された渋滞予測を見て、混む時間帯を避けて走ることである。

渋滞予測は8割がた的中する。もちろん自然渋滞に限ってで、事故渋滞等は予測不能だが、高速道路の事故の多くは渋滞中の軽微な追突。その程度なら、所要時間が大幅に増すことはない。

今年の渋滞予測には、その回避例が紹介されているが、いずれも「渋滞する時間帯を避けて利用する」というもの。渋滞してしまったらもう、回避する方法はない。

先日、年末年始の渋滞予測が発表された。例えば東名高速道路では、2017年12月30日の下り線、神奈川県の伊勢原バス停付近が5時から16時の間で最大30km、2018年1月2日の上り線、神奈川県の大和トンネル付近が9時から翌1時の間で最大35kmなどの渋滞が予測されている。
先日、年末年始の渋滞予測が発表された。例えば東名高速道路では、2017年12月30日の下り線、神奈川県の伊勢原バス停付近が5時から16時の間で最大30km、2018年1月2日の上り線、神奈川県の大和トンネル付近が9時から翌1時の間で最大35kmなどの渋滞が予測されている。
あなたにおすすめの記事
新着記事