「アルファ・ロメオ・ザウバーF1チーム」誕生
老舗ブランド復活の背景とは?

2017.12.08 デイリーコラム

モータースポーツのレジェンド再び

2017年11月29日、スイスに本拠地を置くF1チームのザウバーと、イタリアの自動車ブランドであるアルファ・ロメオのパートナーシップが発表された。両社は2018年から「アルファ・ロメオ・ザウバーF1チーム」としてエントリー。今後複数年にわたり技術面、コマーシャル面で協業することとなった。

「アルファ・ロメオが“再び”F1へ」との報は世界を瞬く間に駆け巡ったが、このイタリアのブランドがカーレースにおいて獅子奮迅の勢いで大活躍したのは、実はF1以前のことである。

20世紀初頭のミラノで創業したアルファは、1920~30年代のモータースポーツ黎明(れいめい)期の強豪として名をはせた。タツィオ・ヌヴォラーリ、アキーレ・ヴァルツィといった伝説的ドライバーたちを擁し、タルガ・フローリオ、ミッレ・ミリアといったビッグレースやグランプリで数々の勝利をおさめていた。この「アルファ黄金期」に、アルファのチーム内外で頭角をあらわし、後に自らの名前を冠した“スクーデリア”を立ち上げるのが、ご存じ、エンツォ・フェラーリである。

第2次世界大戦後の1950年、世界選手権としてF1がスタートすると、アルファ・ロメオは、“ニーノ”ことジュゼッペ・ファリーナやファン・マヌエル・ファンジオらとともに参戦。名車「158」は出場した6戦で全勝(インディアナポリスでのアメリカGPは不参加)、ファリーナは初代チャンピオンに輝いた。翌年も改良型「159」を駆りファンジオがタイトルを獲得したのだが、資金難に陥ったチームはわずか2年でF1から撤退せざるを得なかった。新時代の担い手として台頭しつつあったフェラーリは、同年第5戦イギリスGPでF1初優勝。古巣アルファを破ったエンツォの「母親を殺してしまった」という発言はあまりにも有名である。

その後、1960年代には散発的にF1に出場することもあったアルファ・ロメオは、1970年代に入ってから復帰に向けて徐々に足固めを行い、1978年にはアルファ製水平対向12気筒エンジンを搭載したブラバムが2勝(そのうちスウェーデンGPでの1勝は、ダウンフォースを発生させるため、マシン後端に巨大なファンを装着し物議を醸した通称「ファン・カー」によるものだった)。そして1979年からはいよいよフルワークスとして復帰を果たすことになった。

しかし、戦績は芳しくなかった。1981年にはF1王者マリオ・アンドレッティをチームに招くなどし上位を狙ったが、再び表彰台の頂点に立つことはなく、結局1985年をもってファクトリーチームとしての活動を終了。112戦に出場し10勝(すべて1950年代)、ポールポジション12回(うち1980年代に2回)というのが、今日までのF1におけるアルファ・ロメオの記録である(エンジンサプライヤーとしては1987年まで参戦、212戦出場12勝)。

1990年代になるとDTMなどのツーリングカーシリーズに参戦することはあったが、アルファ・ロメオとF1は、それから30年以上疎遠な状態が続くことになった。

2017年12月2日、ミラノで開かれた発表会でお披露目された「アルファ・ロメオ・ザウバーF1チーム」の来季向けカラーリングイメージ。フェラーリの最新型パワーユニットがおさまる予定のカウルには、大きなアルファのエンブレムがあしらわれている。2018年のドライバーは、チームと深い関係を持つといわれるマーカス・エリクソン(写真右)と、今季F2チャンピオンとなったシャルル・ルクレール(同左)という布陣。フェラーリはイタリア人アントニオ・ジョビナッツィも強く推したようだが、結果エリクソンが残留、ジョビナッツィはサードドライバーに。このあたりにザウバーとフェラーリの駆け引きの跡が見て取れる。(Photo=Sauber)
2017年12月2日、ミラノで開かれた発表会でお披露目された「アルファ・ロメオ・ザウバーF1チーム」の来季向けカラーリングイメージ。フェラーリの最新型パワーユニットがおさまる予定のカウルには、大きなアルファのエンブレムがあしらわれている。2018年のドライバーは、チームと深い関係を持つといわれるマーカス・エリクソン(写真右)と、今季F2チャンピオンとなったシャルル・ルクレール(同左)という布陣。フェラーリはイタリア人アントニオ・ジョビナッツィも強く推したようだが、結果エリクソンが残留、ジョビナッツィはサードドライバーに。このあたりにザウバーとフェラーリの駆け引きの跡が見て取れる。(Photo=Sauber)
あなたにおすすめの記事
新着記事