第4回:その進化に見るボルボ“攻め”の戦略

北欧がアツい! 2017.12.11 徹底検証! ボルボXC60 新世代プラットフォームの採用により、一足飛びの進化を遂げた「ボルボXC60」。黄金比すら感じさせるスタイリングや、上質なインテリア、先進の運転支援システムの出来栄えなどに、勢いに乗る北欧の自動車メーカーの“今”を感じた。

その革新はほとんど“脱皮”のレベル

いやもうノリノリですなぁボルボ! フロアで踊るどころか、テーブルの上に飛び乗って腰を振り出しちゃいそうなくらい(笑)。その勢いは、今年出た新型ミディアムSUVのXC60にも如実ににじみ出ております。

ご存じボルボは、去年日本に上陸したXC90から全ラインナップ刷新中。っていうか、ほとんど“脱皮”レベルですよ。イチ商品どころか全体のブランドイメージ、チャレンジ精神までひとクラス上に移行中なので。

それはまず王道のスタイルから感じられ、単純に伸びやかで美しい! 小沢は去年上陸したフラッグシップSUV、XC90の時から言っているけど、今のボルボはすっかり北欧プレミアムどころかロイヤルファミリームードを醸し出していて、個人的には北欧ロールス・ロイスというか北欧レンジローバー的。

今までのような小手先に頼ったデザインになってなくて、根本的なプロポーションから王道の美しさを表現している。それはXC90、XC60ともに使っている新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャー)」だからなし得たことで、フロントノーズの長さ、ボディー全体の塊感、前後タイヤの位置がほぼ完璧。まさしくロールス・ロイス同然の黄金比的なバランスすら感じさせ、だからこそディテールで目立たせる必要がないわけだ。

そして黄金比のクルマだから、XC90とXC60って小沢の中ではロングホールベース版とショートホイールベース版ぐらいの違いなのだ。確かに60の方がドアサイド下をえぐったり、多少ポップなイメージが追加されたりしているけど、走り、質感、漂う上質ムードに差はなく、単純に日本ではXC60の方が扱いやすくていいと思っております。3列目シートが要らない人には。

陽光の映り込みが美しい「パイングレーメタリック」のボディー。最新のボルボ車の特徴である、T字型に光るヘッドランプの意匠も目を引く。
陽光の映り込みが美しい「パイングレーメタリック」のボディー。最新のボルボ車の特徴である、T字型に光るヘッドランプの意匠も目を引く。拡大
新型「XC60」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm。従来モデルより全長と全幅を拡大しつつ、全高を抑えたことで、伸びやかかつロー&ワイドなプロポーションを実現している。
新型「XC60」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm。従来モデルより全長と全幅を拡大しつつ、全高を抑えたことで、伸びやかかつロー&ワイドなプロポーションを実現している。拡大
グレードに応じて多彩な仕様が用意されたインテリア。北欧の家具に着想を得たという、本物のウッドを用いた装飾パネルが用いられている。
グレードに応じて多彩な仕様が用意されたインテリア。北欧の家具に着想を得たという、本物のウッドを用いた装飾パネルが用いられている。拡大
「XC90」「V90」「S90」に続く、ボルボの新世代製品群の第4弾として登場した新型「XC60」。2017年3月のジュネーブショーでデビューした、ボルボの最新モデルである。
「XC90」「V90」「S90」に続く、ボルボの新世代製品群の第4弾として登場した新型「XC60」。2017年3月のジュネーブショーでデビューした、ボルボの最新モデルである。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る