そのココロは“名古屋とジュネーブの融合”
ロサンゼルスにみる自動車ショーの本質

2017.12.11 デイリーコラム

カリフォルニアではこれがフツー

デトロイトやニューヨークと並んで開催される、アメリカの3大自動車ショーのひとつがロサンゼルスオートショー(LAショー)である。初開催は1907年と、その歴史は実に100年におよぶが、ぶっちゃけ規模はデトロイトに遠く及ばない。それどころか、実際に歩いた感じ、間違いなく東京モーターショーよりちっちゃい。なにかにつけてバカでかいアメリカにおいては、あくまで一地域のショーという立ち位置なのだろう。

しかし、だからこそデトロイトスリーの圧力に支配されず、海外メーカーも力を入れたがる独自のポジションを得たのだろうとも思う。言ってみれば、アメリカ版名古屋モーターショーであり、アメリカ版ジュネーブモーターショー。……後者はちょっとホメすぎだけど、それが今回の取材で得た、LAショーの率直な印象だった。

会場で真っ先に感じたのは、ありきたりだが「エコカーはすっかり浸透したなあ」という事実だった。駐車場ではプラグインハイブリッド車(PHEV)のミニバンがせっせと充電中で、主要メーカーのブースでは必ずその一角をハイブリッド車やPHEV、電気自動車(EV)が占めている。しかもそれらは、何の変哲もない大衆セダンやハッチバックが大半で、しかもしかも、それらすべてが“今回が初披露!”な最新モデルというわけでもない。日本人が思う以上に、ここでは次世代環境車なんてのはフツーの存在なのだ。

だからということもあるのだろう。どう考えても地球に厳しそうな700hpオーバーのマッスルカーどもと、そうした環境対応車が、何の疑問もなくブースを共にしていたりする。展示者サイドに言い訳がましさはないし、見る側もいちいちそれで目くじらを立てたりはしない。

会場となったロサンゼルス コンベンションセンターの入り口。
会場となったロサンゼルス コンベンションセンターの入り口。
シボレーのブースに展示されていた「マリブ ハイブリッド」。今やアメリカのメーカーも、普通のクルマに普通にハイブリッドをラインナップしている。
シボレーのブースに展示されていた「マリブ ハイブリッド」。今やアメリカのメーカーも、普通のクルマに普通にハイブリッドをラインナップしている。
こちらは「フォード・フォーカス エレクトリック」。バッテリー容量は33.5kWhで、一充電走行可能距離はEPA計測で115マイル(約185km)とのこと。
こちらは「フォード・フォーカス エレクトリック」。バッテリー容量は33.5kWhで、一充電走行可能距離はEPA計測で115マイル(約185km)とのこと。
フォードブースに展示されていた「マスタング」のチューンドカー。最高出力は驚くなかれ729hp! 燃費は一体いくつなのやら?
フォードブースに展示されていた「マスタング」のチューンドカー。最高出力は驚くなかれ729hp! 燃費は一体いくつなのやら?
あなたにおすすめの記事
新着記事