第13回:戦場を駆け抜けたジープ
軍用車からSUVへの華麗なる転身

2017.12.14 自動車ヒストリー SUVの元祖であり、今なおその代名詞として世界中のファンから支持されているジープ。兵士たちの頼れる相棒として誕生し、平和の訪れとともに山野を駆けるレジャーカーへと転身を果たしたこのクルマの歴史を紹介する。

わずか1カ月半で作られた試作車

「ジープ」という名前が四輪駆動車を指す普通名詞だと思っている人は意外に多い。「パジェロ」を三菱のジープ、「メルセデス・ベンツ」の「Gクラス」をベンツのジープなどと表現する人が結構いる。うま味調味料のことを味の素、ステープラーをホッチキス、ガーゼ付きばんそうこうをバンドエイドと呼ぶのと同じだ。ジープは1941年にアメリカ陸軍の要請で生産が始まった軍用車であり、「1/4-TON 4x4 TRUCK(WILLYS-OVERLAND MODEL MB and FORD MODEL GPW)」が軍の命名規則に基づく“制式名称”である。

前年の1940年7月、アメリカ陸軍は小型偵察車開発委員会を設立し、自動車メーカー135社に開発要請書と入札規則書を送付した。要望の中身は、車両重量585kg、ホイールベース2030mm、トレッド1190mmをそれぞれ下回るサイズで、重機関銃を搭載することが可能な四輪駆動車の開発だった。ヨーロッパ戦線ではドイツ軍の機械化部隊が「キューベルワーゲン」を使った電撃侵攻作戦を成功させており、対抗し得る車両を持つことが急務となっていた。

要請に応じたのは、わずか3社だった。アメリカン・バンタム、ウィリス・オーバーランド、そしてフォードである。要求性能があまりにも厳しく、実際にプロトタイプを提供したのはアメリカン・バンタムのみ。わずか1カ月半で試作車を仕上げるという早ワザだった。ただし、車両重量はさすがに基準をクリアすることができず、1t近い重さになっていた。

ひと月にわたって実戦的なテストが繰り返され、オフロード走破の性能と耐久性が証明された。陸軍はウィリスとフォードにも同様な作りのプロトタイプを作るように要請する。各モデルの長所を生かした統一規格車が生産されることになった。

今日に至る「ジープ」の歴史は、1941年に登場した軍用車に端を発する。写真は1942年型「ウィリスMB」。
今日に至る「ジープ」の歴史は、1941年に登場した軍用車に端を発する。写真は1942年型「ウィリスMB」。拡大
第2次世界大戦にドイツが投入した「キューベルワーゲン」。「KdFワーゲン」(後の「フォルクスワーゲン・タイプI」)をベースとした軍用車で、水陸両用車など、多数の派生モデルも生産された。
第2次世界大戦にドイツが投入した「キューベルワーゲン」。「KdFワーゲン」(後の「フォルクスワーゲン・タイプI」)をベースとした軍用車で、水陸両用車など、多数の派生モデルも生産された。拡大
陸軍の要請に対してウィリス・オーバーランド社が製作したプロトタイプ「WILLYS QUAD(ウィリス・クワッド)」。1940年11月に軍に収められ、テストが行われた。
陸軍の要請に対してウィリス・オーバーランド社が製作したプロトタイプ「WILLYS QUAD(ウィリス・クワッド)」。1940年11月に軍に収められ、テストが行われた。拡大
「ウィリス・クワッド」をベースに開発された「ウィリスMA」。ステアリングコラムにシフトレバーを設置し、サイドボディーの低い位置まで乗降口をカット。ハンドブレーキを左側に配置するなどの改良が施された。これにさらに改良を加えたモデルが「ウィリスMB」である。
「ウィリス・クワッド」をベースに開発された「ウィリスMA」。ステアリングコラムにシフトレバーを設置し、サイドボディーの低い位置まで乗降口をカット。ハンドブレーキを左側に配置するなどの改良が施された。これにさらに改良を加えたモデルが「ウィリスMB」である。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事