第460回:走る、考える、火もおこす
「プジョー・ライオン・ラリー」を仙台近郊で開催

2017.12.11 エディターから一言
「プジョー・ライオン・ラリー」はスピードを競う競技ではなく、一定区間を正確な時間で走るレギュラリティーラン形式をとる。
「プジョー・ライオン・ラリー」はスピードを競う競技ではなく、一定区間を正確な時間で走るレギュラリティーラン形式をとる。拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年11月12日、プジョーオーナーを対象とした公道ラリーイベント「プジョー・ライオン・ラリー#01 in東北」を開催した。参加者たちは仙台市近郊を舞台にした約100kmの“アベレージラリー”に挑戦したほか、東北名物の芋煮を囲んでオーナー同士の交流を深めるなど、プジョーを通じて地元の風物を楽しんだ。

第1回となる今回の参加車両は70台。比較的新しいモデルが多数を占めた。
第1回となる今回の参加車両は70台。比較的新しいモデルが多数を占めた。拡大
千年希望の丘公園に集合した参加者たち。およそ半数が地元からの参加だった。イベントの参加費は無料ながら、被災地のためのチャリティーを募った。
千年希望の丘公園に集合した参加者たち。およそ半数が地元からの参加だった。イベントの参加費は無料ながら、被災地のためのチャリティーを募った。拡大
スタート地点の千年希望の丘・相野釜公園は、東日本大震災の津波で被災した集落の跡地に造成された大規模な公園。ガレキを埋めて盛り上げた人工の丘が点在する。
スタート地点の千年希望の丘・相野釜公園は、東日本大震災の津波で被災した集落の跡地に造成された大規模な公園。ガレキを埋めて盛り上げた人工の丘が点在する。拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンの新たな試み

今時オーナーズイベントは珍しくないが、その企画内容にはどのブランドの担当者も頭を悩ませているはずだ。たとえばサーキットを使っての走行会、ドライビングレッスン、さらにレースに参加しているブランドであればレーシングカーの同乗体験、それからトークショーぐらいが相場であり、なかなかユニークな企画は見当たらない。単に同好の士が集まっておしゃべりするだけでも面白いという人もいるだろうし、実際にそういう形で大盛況のイベントも存在するが、ブランドとしての主張を盛り込んだり、新規参加者を増やし、さらにはリピーターを確保するにはやはりちょっと弱い。どのブランドも認知度と好感度アップを目指し、最終的にはビジネスに反映させたいと考えているから、古いモデルのオーナーがまったり集まるだけのイベントに予算は使いにくい、と判断してきたのである。

しかし、やはりそれだけでは広がらないと、その種のカスタマーイベントに冷淡だった日本メーカーでさえ方針を変更しつつあるのが昨今のトレンドだ。当たり前のことだが、既存客を大切にしないでブランドを築けるはずはない。

あなたにおすすめの記事
新着記事