第532回:がんばれUberドライバー
ロサンゼルスショーで見た人間ドラマ

2017.12.15 マッキナ あらモーダ!

涙の民泊 in LA

ロサンゼルスオートショーを取材するため、市内に投宿することにした。

だが、映画『プリティ・ウーマン』でリチャード・ギア演じる実業家が泊まっていたような高級ホテルではない。その真逆である。

実は今回、民泊を利用してみた。すでにヨーロッパや日本で何度か使用経験があったが、アメリカでも、と思ったのがきっかけである。「ダウンタウン至近」「格安」という条件で選んだのは、清掃料別、1泊約4000円の個室で、バストイレ共同という物件だった。

過去に宿泊した、主に欧米系旅行者によるレビューの内容も良い。「周辺にはレストラン、商店もあり」と書かれている。彼らのコメントには、「最寄り駅から徒歩30分」とあるが、少々誇張されているに違いない。ただ「バス停至近」とも記されているから、心配なかろうと思った。

しかし、実際に物件を訪ねてみて驚いた。サイトには明記されていなかった飼い猫がいた。猫自体は嫌いではないが、ボクのスリッパを片方奪って消えてしまったり、シャワーを浴びようと思うとバスルームのカーテンにまとわりついたり。当然のことながら、食べ物をつまもうとすると寄ってくる。まったくもって落ち着いて過ごせなかった。

イタリアでは住み始めて以来21年間お目にかかったことがないゴキブリも出没した。家主の男性は日中不在だから、即座に苦情も言えない。安宿には慣れているし、LAには過去28年の間たびたび訪れたが、今回ばかりは少なからず戸惑った。

ロサンゼルスオートショーにおけるトヨタのプレスカンファレンス。北米トヨタのJ.ホリス副社長が、コンセプトカー「FT-AC」を紹介した。
ロサンゼルスオートショーにおけるトヨタのプレスカンファレンス。北米トヨタのJ.ホリス副社長が、コンセプトカー「FT-AC」を紹介した。
トヨタはショーの会期中、会場に隣接する商業施設の広場でもプロモーションを展開していた。
トヨタはショーの会期中、会場に隣接する商業施設の広場でもプロモーションを展開していた。
スバルのブースで。スバル・オブ・アメリカが2018年に設立半世紀を迎えるのに合わせ、輸出仕様の「スバル360」がディスプレイされた。
スバルのブースで。スバル・オブ・アメリカが2018年に設立半世紀を迎えるのに合わせ、輸出仕様の「スバル360」がディスプレイされた。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事