トヨタ、「ピクシス メガ」に「スマートアシストIII」を搭載

2017.12.12 自動車ニュース

トヨタ自動車は2017年12月12日、軽乗用車「ピクシス メガ」を一部改良し、2018年1月8日に発売すると発表した。

ピクシス メガはトヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売しているトールワゴンタイプの軽乗用車であり、「ダイハツ・ウェイク」の姉妹モデルにあたる。

今回の改良では、衝突回避支援システムを従来の「スマートアシストII」から「スマートアシストIII」へと強化し、「D」を除くすべてのグレードに標準装備とした。緊急ブレーキの検知対象を歩行者にも拡大したほか、オートハイビーム機能を追加している。また、駐車時などに左右後方の障害物をブザー音で知らせるリアコーナーセンサーも採用した(「D」を除く)。

価格は「D」の135万円から「Gターボ“SAIII”レジャーエディション“SAIII”」(4WD車)の184万1400円まで。

(webCG)

「トヨタ・ピクシス メガGターボ“SAIII”レジャーエディション“SAIII”」
「トヨタ・ピクシス メガGターボ“SAIII”レジャーエディション“SAIII”」拡大

関連キーワード:
ピクシスメガトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る