VWゴルフヴァリアント、装備がさらに充実

2011.08.23 自動車ニュース
「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン プレミアムエディション」
VWゴルフヴァリアント、装備がさらに充実

「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」の装備がさらに充実

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2011年8月23日、ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」のエントリーグレード「TSIトレンドライン」と最量販グレード「TSIコンフォートライン」の装備を見直し、同時にモデル名を「プレミアムエディション」に変更して発売した。

「ゴルフヴァリアント TSIコンフォートライン プレミアムエディション」
VWゴルフヴァリアント、装備がさらに充実

新しいエントリーグレード「TSIトレンドライン プレミアムエディション」は、従来の「TSIトレンドライン」に、下記の装備を追加。従来型より4万円高の279万円で販売される。

・12V電源ソケット(ラゲッジルーム内 1個)
・フロントグリル、サイドウィンドウにクロームモール追加
・コンフォートシート+前席シートバックポケット
・16インチアルミホイール(5スポーク)

「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」は、従来の「TSIコンフォートライン」に下記装備を追加。価格はこれまでと変わらず325万円。

・クロームルーフレール
・エアインテークにクロームモール追加
・LEDリア ライセンスプレートランプ
・アルカンターラ&ファブリックシート(前席スポーツシート)
・マルチファンクションインジケーター(一部機能追加)
・16インチアルミホイール(10スポーク、新デザイン)

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る