第1回:最新モデル「XT5クロスオーバー」に見る
新世代キャデラックの狙いとデザイン

2017.12.28 キャデラックXT5クロスオーバー解体新書<PR>
キャデラックの新型SUV「XT5クロスオーバー」。「CT6」に続く、キャデラック次世代製品群の第2弾にあたる。
キャデラックの新型SUV「XT5クロスオーバー」。「CT6」に続く、キャデラック次世代製品群の第2弾にあたる。

いよいよ日本でも発売された「キャデラックXT5クロスオーバー」。進化を続けるキャデラックの次世代戦略において、このニューモデルはどのような役割を担っているのか。まずはその彫刻的なデザインとともに、アメリカが誇る名門の“今”と“これから”をお届けする。

バンパーの装飾へと縦に流れるデザインが目を引くヘッドランプ。この意匠はリアコンビランプと対となったもので、「シグネチャーライティング」と呼ばれている。
バンパーの装飾へと縦に流れるデザインが目を引くヘッドランプ。この意匠はリアコンビランプと対となったもので、「シグネチャーライティング」と呼ばれている。
ラインナップ上は「SRXクロスオーバー」の後継モデルにあたる「XT5クロスオーバー」だが、その中身は完全に新設計。運動性能や乗り心地の向上に加え、より高効率なパッケージングも実現している。
ラインナップ上は「SRXクロスオーバー」の後継モデルにあたる「XT5クロスオーバー」だが、その中身は完全に新設計。運動性能や乗り心地の向上に加え、より高効率なパッケージングも実現している。
リアコンビランプにあしらわれたキャデラックのエンブレム。キャデラックは1902年に誕生したアメリカの名門であり、プレミアムブランドとして、数多くの大統領専用車も手がけてきた。
リアコンビランプにあしらわれたキャデラックのエンブレム。キャデラックは1902年に誕生したアメリカの名門であり、プレミアムブランドとして、数多くの大統領専用車も手がけてきた。

名門の未来を担う次世代製品群の第2弾

この11月、アメリカのトランプ大統領が初来日した際に乗っていたクルマをご記憶だろうか。全長18フィート(約5.5m)、車両総重量9tともいわれる堂々たる体躯(たいく)と、爆発物にも耐えうる分厚い装甲を持つことから、「ビースト」というニックネームが与えられている大統領専用車である。このクルマは、開発を担当したキャデラックに敬意を払い、大統領専用機の「エアフォース ワン」にならって「キャデラック ワン」とも呼ばれている。

大統領をも顧客に持つアメリカンラグジュアリーブランドの筆頭であり、1902年の誕生以来、実に115年にわたり歴史を積み重ねてきた老舗、キャデラック。今回の主役は、そんなキャデラックがリリースする最新モデル、XT5クロスオーバー(以下、XT5)である。

それまでの「SRXクロスオーバー」(以下、SRX)の後を受け、日本でも2017年10月28日に発売されたXT5には、新世代のキャデラックであることを示す新しいネーミングルールが採用されている。2016年に本国で発売されたフラッグシップセダン「CT6」以降、キャデラックではセダン系の車名を「CT」+「車格を示す数字」に、同じくクロスオーバー系の車名を「XT」+「車格を示す数字」に順次切り替えている。東京オリンピックの開催年である2020年までに、このネーミングルールにのっとったニューモデルが実に8車種も市場導入されるのだとか。XT5は、そんな新世代キャデラックの第2弾となる。

→キャデラックXT5クロスオーバーの詳しい情報はこちら