【スペック】2.8FSIクワトロ:全長×全幅×全高=4930×1875×1465mm/ホイールベース=2910mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/2.8リッターV6 DOHC24バルブ(204ps/5250-6500rpm、28.6kgm/3000-5000rpm)/価格=610万円(テスト車=854万5000円)

アウディA6 2.8FSIクワトロ/3.0TFSIクワトロ【試乗速報】

売れっ子の資質あり 2011.08.23 試乗記 アウディA6 2.8FSIクワトロ(4WD/7AT)/3.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)
……917万5000円/1020万円

アウディのミドル級セダン「A6」が、新型になって日本上陸。その仕上がり具合をリポートする。

骨格から新しい

夏は怪談の季節でありますが、夏になると、やっぱり出ますな。あたしは見たんです。「A6」のカラダに「A1」の顔がついたてぇヤツを。人面犬とか人面魚とかに近いモノがある。場所は東京・汐留の高級シティホテル、コンラッド東京。しかも、1台だけじゃぁない。新型A6の試乗会やってたから当たり前だ。

映画『スター・ウォーズ』のストームトルーパーを思わせるA1顔になったその新型A6、日本市場は204psの2.8リッターNAのV6直噴と、300psの3リッターV6スーパーチャージャーの2本立てで、前者は「2.8FSIクワトロ」、後者は「3.0TFSIクワトロ」と呼ばれる。価格は前者が610万円、後者が835万円と、ちとお高い。前者はいわゆる戦略価格でありますな。ちなみに、ライバルと目されるメルセデスの「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」は634万円で、「BMW523i」は610万円だ。

名前の通り、駆動方式はいずれもフルタイム4WDで、ギアボックスはいずれもデュアルクラッチの7段Sトロニック。エンジン縦置きのアウディとしては「A7」に次いでのSトロニックの採用で、それというのも新型A6はA7と共通部分多しの兄弟車なのである。
新型A6は先代と比べると骨格からして新しい。現行「A4」同様、前後重量配分を改善すべく、フロントアクスルを前方に移動している。これにより、ホイールベースは先代比65mm伸び、フロントオーバーハングが短くなったことで、プロポーションがグッとのびやかでアスリートっぽくなった。

クワトロシステムは、前後トルク配分を通常40対60と後輪駆動寄りとし、FFを基本とする4WDでありながら、FRのよさを取り込もうという、怪談の続きでいえば鵺(ぬえ)的な、技術的にいえば、ようするに最近のアウディの流儀にのっとった、新世代の高速4WDシステムを採用しているわけだ。私たちはクワトロ革命の第2章に立ち会っているのである。


アウディA6 2.8FSIクワトロ/3.0TFSIクワトロ【試乗速報】の画像
運転席まわりの様子。ダッシュボードからドアトリムへとつながるアーチ型のベルトラインが、デザイン上の特徴となっている。
運転席まわりの様子。ダッシュボードからドアトリムへとつながるアーチ型のベルトラインが、デザイン上の特徴となっている。
ボディサイドには、2本のキャラクターライン。前後のランプにまたがる「トルネードライン」と、フロントフェンダー後ろから跳ね上がる「ダイナミックライン」で、スポーティなキャラクターが強調される。
【テスト車のオプション装備】
オプションカラー=8万5000円/プレセンスパッケージ=50万円/SEパッケージ=22万円/コンフォートシート=36万円/LEDヘッドライト=30万円/電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ=21万円/10パラレルスポークデザインアルミホイール=25万円/ヘッドアップディスプレイ=21万円/ナイトビジョンシステム=31万円
ボディサイドには、2本のキャラクターライン。前後のランプにまたがる「トルネードライン」と、フロントフェンダー後ろから跳ね上がる「ダイナミックライン」で、スポーティなキャラクターが強調される。
【テスト車のオプション装備】
オプションカラー=8万5000円/プレセンスパッケージ=50万円/SEパッケージ=22万円/コンフォートシート=36万円/LEDヘッドライト=30万円/電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ=21万円/10パラレルスポークデザインアルミホイール=25万円/ヘッドアップディスプレイ=21万円/ナイトビジョンシステム=31万円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る