第2回:スタイリッシュ しかも便利
普段使いに見る「XT5クロスオーバー」の実力

2018.01.04 キャデラックXT5クロスオーバー解体新書<PR>
早朝の東京・新宿を悠然と走る「キャデラックXT5クロスオーバー」。
早朝の東京・新宿を悠然と走る「キャデラックXT5クロスオーバー」。拡大

全4回の連載を通し、キャデラックのニューモデルの特徴を余すところなくリポートする「キャデラックXT5クロスオーバー解体新書」。第2回は、街中でのドライバビリティーや、操作系の使い勝手、車内空間のユーティリティーなどをお届けする。

日本における「XT5クロスオーバー」のラインナップは2グレード。今回の取材では、上級モデルの「プラチナム」をテストした。
日本における「XT5クロスオーバー」のラインナップは2グレード。今回の取材では、上級モデルの「プラチナム」をテストした。拡大
横基調の伸びやかなダッシュボードが目を引くインストゥルメントパネル。センターコンソールも含め、スイッチ類の少ないすっきりとしたデザインとなっている。
横基調の伸びやかなダッシュボードが目を引くインストゥルメントパネル。センターコンソールも含め、スイッチ類の少ないすっきりとしたデザインとなっている。拡大
「プラチナム」に装備されるセミアニリンフルレザーシート。座面や背もたれにはヒーターおよびベンチレーション機構が備わっており、季節を問わず快適に過ごすことができる。
「プラチナム」に装備されるセミアニリンフルレザーシート。座面や背もたれにはヒーターおよびベンチレーション機構が備わっており、季節を問わず快適に過ごすことができる。拡大
後席は左右独立してのリクライニングおよびスライド調整が可能。「プラチナム」では、後席温度調整機能付きのエアコンやシートヒーターも装備される。
後席は左右独立してのリクライニングおよびスライド調整が可能。「プラチナム」では、後席温度調整機能付きのエアコンやシートヒーターも装備される。拡大

吟味されたデザイン、充実した装備類

「XT5クロスオーバー」(以下、XT5)のステアリングを握れば、東京もキャデラック本社のあるニューヨークに早変わり……とはさすがにいかないが、車内の雰囲気は確実に、ドイツものにも英国ものにもない“アメリカンラグジュアリー”である。

夜間に光るイルミネーティングドアハンドル(上級グレードの「プラチナム」に標準装備)を引いて乗り込んだ先、ドライバーを迎えてくれるインテリアには、キャデラックのエンブレムやフロントグリルをイメージさせる逆台形の意匠が取り入れられている。もちろん、それらに周囲から浮いたような据わりの悪さはなく、シンプルだがよくよく練られたデザインだと理解させられる。フィニッシュはラグジュアリーブランドのそれで、デザインも使用される素材も実に吟味されている。

ヒーター付きのステアリングホイールは、適度な大きさのオーソドックスな丸型で、流行の“Dシェイプ”ではないところに好感が持てる。運転中、ドライバーが最も触れるパーツだけに、ここのクオリティーは重要だ。触感が良く、自然と指を伸ばしたところに各操作スイッチが備わる。さらにそのスイッチが直感的に操作できるのも“高得点”だ。

テスト車のダッシュボードはレザーとスエードのコンビネーションで、カーボンファイバーもアクセントとして用いられていた。シートはセミアニリンレザーで覆われ、フロントにはヒーターおよびベンチレーション機能付きの8ウェイパワーシートが装備される。乗り心地は極上で、それはキャデラックというアメリカンラグジュアリーブランドのネームバリューを決して裏切るものではない。プラチナムではリアにもシートヒーターが装備されるので、こちらならゲストにも喜んでもらえそうだ。

→キャデラックXT5クロスオーバーの詳しい情報はこちら