モータージャーナリスト河村康彦が選ぶ
私的10大ニュース2017

2017.12.20 デイリーコラム

まずは️10位から4位を一気に発表!

2017年も、残すところあとわずか。正確にはこの項執筆時点で「あと10日」ほどを残してはいるので、この先さらなる大事件がぼっ発しないとも限らないが、編集部からのリクエストもあり、取りあえずはここでひと区切り! 河村が肌で感じた今年の”私的10大ニュース”は以下の通りに。 

10位:気が付けば、NAエンジンが絶滅危惧種に
9位:「LC」にレクサスのブランド力向上を実感
8位:新型「N-BOX」に、ホンダ軽自動車づくりの底力を知る
7位:欧州車のサイズ肥大化は、日本市場の地盤沈下も一因
6位:東京モーターショーはいよいよ正念場
5位:「スズキ・スイフトスポーツ」、惜しくも10点を逃す
4位:パスポート忘れで、あわや大惨事に

基本的には、上記を「読んで字の如し」なのが、ここに掲げた10位から4位までの各項目。ひと昔前までは「ターボ付き」であることがエンジンのプレミアム性を高めていたのに、今やむしろ自然吸気で頑張ることが希少性を放つ時代に。

また、かつては「日本のために全幅を抑えよう」と努力してくれた輸入車メーカーもあったのに、今やそんな話題もトンと聞かれなくなり、“コンパクト”をうたいながらも全幅が1.9m級というSUVも続出。今や年間5倍以上の台数をさばく巨大な中国の勢いを前に、日本市場の存在感が薄れる一方なのはやむを得ないということか。

ジャガーの新型SUV「Eペース」。“コンパクト”とうたいながらも、その全幅は日本仕様で1900mmという数字に……。
ジャガーの新型SUV「Eペース」。“コンパクト”とうたいながらも、その全幅は日本仕様で1900mmという数字に……。
あなたにおすすめの記事
新着記事