横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生

2017.12.20 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」
「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」拡大

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年12月20日、2ドアのオープンモデル「ドーン」の特別仕様車「ベイサイド ドーン」を発表した。

 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大
 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大
 
横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生の画像拡大

イメージは「横浜の海」

今回の「ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン」は、横浜・みなとみらいでロールス・ロイスを販売するディーラー、ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜が企画した特別仕様車。レジャーでもビジネスでも海が中心になっている横浜の生活に合わせたというビスポークモデルである。

ボディーカラーは、イングリッシュホワイトをベースに、ミッドナイトサファイアブルーのボンネットとほろを組み合わせたツートンカラー仕上げ。「クルーザーのような印象を与える」とアピールされる。さらに、ショルダーラインには、ネイビーブルーのコーチラインが添えられている。

アークティックホワイトレザー張りのシートは、ネイビーブルーのアクセントとステッチを採用。さらに、ドアやダッシュボード、リアデッキなどが、ヨットをイメージさせるチーク材を用いた「カナデルパネル」で飾られる。

ベイサイド ドーンの価格は、4347万円。販売台数には限りはないとのこと。

(webCG)

関連キーワード:
ドーンロールス・ロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る