「ホンダN-ONE」、4つのスタイルを備えて新登場

2017.12.21 自動車ニュース
「ホンダN-ONEスタンダードL」。ボディーカラーは「サーフブルー」。
「ホンダN-ONEスタンダードL」。ボディーカラーは「サーフブルー」。拡大

本田技研工業は2017年12月21日、軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」をマイナーチェンジし、同年12月22日に発売すると発表した。

「N-ONEセレクト」。ボディーカラーは「アッシュグリーン・メタリック&ブラウン」。
「N-ONEセレクト」。ボディーカラーは「アッシュグリーン・メタリック&ブラウン」。拡大
「N-ONEプレミアム ツアラー」。ボディーカラーは「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」。
「N-ONEプレミアム ツアラー」。ボディーカラーは「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」。拡大
「N-ONE RS」。ボディーカラーは「サンセットオレンジII&ブラック」。
「N-ONE RS」。ボディーカラーは「サンセットオレンジII&ブラック」。拡大
「N-ONEスタンダードL」のインテリア。
「N-ONEスタンダードL」のインテリア。拡大
「N-ONE RS」のインテリア。
「N-ONE RS」のインテリア。拡大

今回のマイナーチェンジでは、「スタンダード」「セレクト」「プレミアム」「RS」という、イメージの異なる4つのタイプを設定したほか、軽自動車初となる遮音機能付きフロントウィンドウガラスの採用や、遮音材や吸音材の配置の最適化などにより、静粛性の向上を図っている。

ホンダのプレスリリースによる各タイプの特徴は以下の通り。

【スタンダード】
「シンプルながら機能的。インテリアは見やすさと使いやすさにこだわり、すっきりと端正に仕上げました。」

【セレクト】
「こだわりを感じさせる上品な佇(たたず)まい。ブラウンとクロームメッキで仕上げたエクステリアと、ブラウンに統一したインテリアは、上品さとぬくもりを表現しました。」

【プレミアム】
「洗練された上質さと重厚感を表現。随所にあしらった加飾と黒に統一されたインテリアで上質に仕上げました。」

【RS】
「精悍(せいかん)かつスポーティー。走りのポテンシャルを感じさせる流麗なフォルムに、アクセントとして赤を取り入れたスポーティーなインテリアで、操る喜びを表現しました。」

豊富なボディーカラーも特徴のひとつで、スタンダードには基本色9色と2トーンカラー7種類が、セレクトには2トーンカラー5種類が、プレミアムには基本色6色と2トーンカラー7種類が、RSには2トーンカラー6種類が、それぞれ用意される。

機能装備の強化も図っており、紫外線と赤外線をカットする「360度スーパーUV/IRカットパッケージ」を採用したほか、室内に急速充電対応タイプのUSBジャックを2個追加装備している。

価格は「スタンダード」(FF車)の120万0960円から「プレミアム ツアラー」(4WD車)の177万2280円まで。

(webCG)

関連キーワード:
N-ONEホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編) 2017.11.9 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダN-BOXカスタムG EXターボ」に試乗する。今の日本のクルマ生活の、ひとつの象徴ともいえるN-BOX。それがある生活は、谷口的にはアリかナシか?
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(前編) 2017.11.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「ホンダN-BOXカスタムG EXターボ」である。2017年度上期に日本で一番売れている乗用車の座に輝いた軽自動車に、谷口はなにを見いだすのか?
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
ホームへ戻る