【東京オートサロン2018】ダイハツ、9台のコンセプトカーを出展

2017.12.22 自動車ニュース
「ブーンSPORTOパッケージ」
「ブーンSPORTOパッケージ」

ダイハツ工業は2017年12月22日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」(開催期間:2018年1月12日~14日)への出展概要を発表した。

「トールSPORZAバージョン」
「トールSPORZAバージョン」
「ミラ イースSPORZAバージョン」
「ミラ イースSPORZAバージョン」
「トールPREMIUMバージョン」
「トールPREMIUMバージョン」
「ムーヴ キャンバスPREMIUMバージョン」
「ムーヴ キャンバスPREMIUMバージョン」
「タントPREMIUMバージョン」
「タントPREMIUMバージョン」
「ブーンACTIVEバージョン」
「ブーンACTIVEバージョン」
「ハイゼット トラック ジャンボACTIVEバージョン」
「ハイゼット トラック ジャンボACTIVEバージョン」
「ハイゼット カーゴ デッキバンACTIVEバージョン」
「ハイゼット カーゴ デッキバンACTIVEバージョン」

ダイハツブースは2017年に引き続き「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、「SPORT(スポーツ)」「PREMIUM(プレミアム)」「ACTIVE(アクティブ)」の3つのカテゴリーでコンセプトカーを出展する。

「シャレード デトマソ」や「ミラTR-XX」といった往年のダイハツホットハッチが目指した精悍(せいかん)さと上質感を表現したというSPORTでは、赤×黒のボディーカラーにゴールドのアルミホイールをコーディネートし、個性が際立つスポーツテイストを演出。出展車の「ブーン スポルト パッケージ」に装着されるアクセサリーパッケージは、2018年1月12日に発売される予定となっている。

PREMIUMでは、パールホワイトのボディーにメッキパーツやエアロパーツを装着し、優美さと迫力を表現。クールでスタイリッシュな高級感のあるプレミアムカスタムスタイルを提案するという。

ACTIVEは、日常生活や仕事における使い勝手や機能性を追求してきた各車の特長を生かしながら、海、山、川とアクティブに遊べるクルマとして表現されたもの。中でも「ハイゼット カーゴ デッキバン アクティブバージョン」は、釣具ブランド「ツララ」とのコラボレーションによるアングラー仕様となっている。

カスタムカーのラインナップは以下の通り。

【SPORT】

  • ブーン シルク
  • トール カスタム
  • ミラ イース

【PREMIUM】

  • トール
  • ムーヴ キャンバス
  • タント カスタム

【ACTIVE】

  • ブーン
  • ハイゼット トラック
  • ハイゼット カーゴ デッキバン

(webCG)

関連キーワード:
ダイハツモーターショー東京オートサロン2018自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事