第21回:ボクのバイパーは癒やし系

2017.12.28 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
箱根ターンパイクの御所の入駐車場、通称「金魚」にて。最近どうにも編集部のカメラの調子がおかしく、この写真も、うーん。ピントが合ってねえ……。
箱根ターンパイクの御所の入駐車場、通称「金魚」にて。最近どうにも編集部のカメラの調子がおかしく、この写真も、うーん。ピントが合ってねえ……。拡大

スーパーカー談義で盛り上がると、大抵まな板の上にあがってくるのが「クルマで人生は変わるのか!?」というお題である。スーパーカーかどうかは怪しいけど、ある意味スーパーカーよりけったいなクルマを買ってしまったワタクシ。この1年で起きた出来事を振り返りつつ、この“お題”が正しいか否か、つらつらと考えてみた。

webCG折戸の机に置かれたキャデラックの卓上カレンダー。いつに間にこんな季節に……(汗)。
webCG折戸の机に置かれたキャデラックの卓上カレンダー。いつに間にこんな季節に……(汗)。拡大
ロサンゼルスショーの取材は、櫻井健一氏のリポート2本を除き、すべてのギャラリーの撮影、デイリーコラムの執筆ともに自分が一人でやりました。人間、やればできるモンですねえ。……もう一度はムリでしょうけど。
ロサンゼルスショーの取材は、櫻井健一氏のリポート2本を除き、すべてのギャラリーの撮影、デイリーコラムの執筆ともに自分が一人でやりました。人間、やればできるモンですねえ。……もう一度はムリでしょうけど。拡大
LAショーは確かに忙しかったけど、こいつを拝めたので良しとしましょう。「ダッジ・チャレンジャーSRTデーモン」のホンモノです。これだから、この仕事は辞められんっ(鼻息)。
LAショーは確かに忙しかったけど、こいつを拝めたので良しとしましょう。「ダッジ・チャレンジャーSRTデーモン」のホンモノです。これだから、この仕事は辞められんっ(鼻息)。拡大
本文では「クリスマスは一人だろう」なんて書かせていただいたが、冷静に考えたら12月25日はフツーに出勤日だった。そんな訳で編集部にてお祝い。年末進行で追い込まれた皆の、ケーキ片手に浮かれる記者に対する目線が痛い。
本文では「クリスマスは一人だろう」なんて書かせていただいたが、冷静に考えたら12月25日はフツーに出勤日だった。そんな訳で編集部にてお祝い。年末進行で追い込まれた皆の、ケーキ片手に浮かれる記者に対する目線が痛い。拡大

結論:別に人生変わりはしませんよ

12月23日現在、記者は三鷹市は鶴川街道沿いのスターバックスにて本稿を執筆している。2017年も残すところあとわずか。気づけば、「ダッジ・バイパー」を購入してから1年、本連載を始めてから1年が、するりと過ぎてしまった。ホントは「1周年に合わせて何か書きたいなあ」と思っていたのだが、ダイソンの掃除機ホンダアクセスなどの特集ラッシュに七転八倒し、地球の裏側にぶっ飛びアルカンターラを取材し霧ヶ峰で凍えたりしているうちに、季節は通り過ぎてしまった。

でもまあ、菩薩(ぼさつ)のように寛容な読者諸兄姉なら、ひと月やふた月くらいの誤差、見逃してくれるでしょう。2017年最後の回は、バイパーと1年付き合ってみて感じたことを、つらつらと書き散らかせていただきます。いつもよりゆるい感じの内容ですので、お茶でもすすりながらご笑納ください。

思い起こしてみると、普段お世話になっている皆さまにバイパー購入を報告したときの反応は、まさに真っ二つだった。大抵は「アホウ」「終わりだ」「人生棒に振ったな」「なんで日独のクルマにしないんだよ」と散々だったものの、少数だが「よくやった」「英断」「貯金が散るまで行け」という称賛と叱咤(しった)激励もいただいた。中でも印象に残っているのが、編集部大沢のコーフンぶり。フェラーリ教教祖・清水草一氏の薫陶を受けた大沢青年は「人生変わるよ!」と頰を紅潮させて力説していた。自分の判断にいささかの不安を抱いていた記者にとり、そいつはホントにありがたい言葉だった。

しかし、大沢青年には大変恐縮だが、今日時点で記者の人生は特に変わっていない。結婚したわけでもなければカノジョができたわけでもない。無論、クリスマスは一人で過ごすことになるだろう。ジャンボ宝くじも万馬券も当たっていない。まあ、これについては券を買っていないから当たり前だけど。

あなたにおすすめの記事
新着記事