第161回:冬休みに観たい! 日米韓それぞれのクルマ文化を映し出すDVD

2017.12.27 読んでますカー、観てますカー

あり得ない視点で撮影されたカーチェイス

今年は韓国映画が大豊作。3月に相次いで公開された3本の作品がいずれ劣らぬ傑作だった。ナ・ホンジン監督の『哭声/コクソン』は、静かな田舎町で起きる連続殺人事件を描いた作品だ。容疑者はみな異常な精神状態で、肌にはただれた発疹が広がる。悪霊の仕業だといううわさが流れ、山の中に住む日本人に疑惑の目が集まった。演じたのは國村 隼。半裸で森の中を駆け回る怪演が評判を呼び、韓国で最も権威のある映画賞で助演男優賞と人気スター賞を獲得した。横溝正史原作の角川映画と『エクソシスト』をかけ合わせたような新感覚ホラーである。

パク・チャヌク監督の『お嬢さん』にも度肝を抜かれた。イギリスのミステリー小説を原作にしたサイコホラー映画で、日本統治時代の朝鮮半島に舞台が移し替えられている。資産家の令嬢と侍女、詐欺師が入り乱れて遺産を争奪する物語だが、18禁指定での公開を余儀なくされた。刺激の強いエロ描写が連続するからだ。屋敷には夜な夜な紳士が集い、令嬢が日本の古典官能小説を朗読する。韓国なまりの日本語で露骨な猥語(わいご)が飛び交うから、最も楽しく鑑賞できるのはわれわれ日本人なのだ。

キム・ソンス監督の『アシュラ』は、ほかの2作と比べると韓国映画にはよくある筋立てだ。政治家が闇の組織と裏で手を結び、警察官を手下にして権力を意のままに操る。登場人物は全員悪人でゲス野郎。陰謀と裏切りが交錯して誰が敵なのかわからなくなる。胸の悪くなるような容赦ない暴力描写が、韓国映画の真骨頂だ。

架空の都市アンナム市を牛耳っているのが市長のパク・ソンベ。演じるのは『哭声/コクソン』でハイテンションな祈祷師(きとうし)役だったファン・ジョンミンだ。彼の使いっ走りになっているのが刑事のハン・ドギョン。イケメン俳優なのに、平然と悪事に手を染める汚れ役を演じている。市長の犯罪を解明しようとする検事も加わり、三つどもえのサバイバルが凄惨(せいさん)な殺し合いに発展していく。

この作品を取り上げたのは、とんでもないカーチェイスシーンがあるからだ。「ヒュンダイ・サンタフェ」に乗った主人公が、高速道路でワンボックスカーを追う。豪雨の中で激しいぶつかり合いを演じ、サンタフェは壁にこすり付けられて火花を飛ばしながらの激走だ。その様子を映し出すカメラが、2台の目の前を横切るという離れ業。そのままクルマの中に入っていき、後席からドライバーをとらえる。一体どうやって撮影しているのか。何度もスロー再生してみたが、まったくわからなかった。

『哭声/コクソン』DVD
『哭声/コクソン』DVD
『お嬢さん』DVD
『お嬢さん』DVD
『アシュラ』DVD
『アシュラ』DVD
「ヒュンダイ・サンタフェ」
韓国のヒュンダイが販売するSUV。2000年にデビューし、翌年からは日本にも輸入された。2012年に3代目となっているが、映画に登場するのは初代モデル。
「ヒュンダイ・サンタフェ」
	韓国のヒュンダイが販売するSUV。2000年にデビューし、翌年からは日本にも輸入された。2012年に3代目となっているが、映画に登場するのは初代モデル。
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事