第534回:冬休み特別企画
これがイタリアおやじの秘密基地だ!

2017.12.29 マッキナ あらモーダ!

お父さんはどこにいれば……?

この原稿が日本で公開されるころ、読者諸兄の多くは自宅で年末年始を過ごしているに違いない。せっかく久しぶりに家のリビングにいるのに、奥さんや娘さんから「おじさん、ゴロゴロしてないで、どこかに出掛けてきてよ」などと言われている人もいるだろう。

日ごろ夫や父親としての務めを果たしているのに、“おじさん”呼ばわりされたうえに追い出されるとは、なんとも悲しい。

そうしたときのお父さんたちの避難場所は、自室やガレージであろう。では、イタリアのおやじたちは、どんな“秘密基地”で過ごしているのか? というのが今回のお話である。

ボクが5年前まで住んでいたシエナ旧市街のアパルタメントには、共用階段の踊り場を挟んでお隣さんがいた。

彼らは3人家族だった。夫のジャンニさん、クリーニング店を切り盛りしている夫人のモニカさん、そして、ひとり息子のマッティーア君という構成である。

今回の主役であるジャンニ・デサンティスさんは、空手歴45年の元銀行員。写真のタトゥーは修行25周年を記念して彫ったもの。
今回の主役であるジャンニ・デサンティスさんは、空手歴45年の元銀行員。写真のタトゥーは修行25周年を記念して彫ったもの。
ジャンニさんの“秘密基地”である屋根裏部屋。そこに隠されたストーリーとは?
ジャンニさんの“秘密基地”である屋根裏部屋。そこに隠されたストーリーとは?
ジャンニさんの家にあるダイヤル式電話機は、今も現役。懐かしいメカニカルな呼び出し音が響く。
ジャンニさんの家にあるダイヤル式電話機は、今も現役。懐かしいメカニカルな呼び出し音が響く。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事