クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)

適度にハイカロリー 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。

走りだす前からネタが満載!

リモコンキーを携えてクルマに近づくと、畳まれていたドアミラーがまず起きる。ドアレバーを引けば、すでに開錠されている。朝早く、薄暗がりのガレージに下りたときは、LEDのリアライトがついていた。アレッ、消し忘れたか!? と思ったら、そういうウエルカム機能も入っていた。これまでルノーはこの手のことに熱心ではなかったが、やっぱりやりたかったんだ。ただし、クルマに迎えられて、シートに座ってドアを閉めると、ドカーン! と爆発するみたいなジングルが流れるのは、心臓に悪い。

そんなふうに、走りだす前からネタ豊富なのが、新型メガーヌの「GT」である。4世代目になった新シリーズの日本仕様第1弾だ。ルノー・スポール(R.S.)がプロデュースした1.6リッターターボ版がGTで、今回乗ったハッチバックのほかにワゴンの「スポーツツアラーGT」がある。新型プラットフォームの「メガーヌR.S.」もいずれ出るだろうが、それまではGTがメガーヌIVのスポーツイメージを代表することになる。

今度のGT系は、先代「GT220」の後継モデルにあたるが、大きな違いは変速機がMTからデュアルクラッチ式AT(DCT)になったことである。新しいメガーヌR.S.もDCTで出るはずだ。「シビック タイプR」にはない2ペダル自動MTでどこまで“ニュル”のラップタイムを詰めてくるのか、ひとごととはいえ楽しみである。

4代目「ルノー・メガーヌ」が日本で発売されたのは、2017年11月のこと。従来型の販売傾向を鑑みて、「GT」「GTライン」、そしてステーションワゴンの「スポーツツアラーGT」と、スポーティーなモデルのみが導入される。
4代目「ルノー・メガーヌ」が日本で発売されたのは、2017年11月のこと。従来型の販売傾向を鑑みて、「GT」「GTライン」、そしてステーションワゴンの「スポーツツアラーGT」と、スポーティーなモデルのみが導入される。拡大
フロントフード下に収まる1.6リッター直4ターボエンジンは、最高出力205ps、最大トルク280Nmを発生。エンジンカバーは備わらず、質実剛健といった風情。
フロントフード下に収まる1.6リッター直4ターボエンジンは、最高出力205ps、最大トルク280Nmを発生。エンジンカバーは備わらず、質実剛健といった風情。拡大
トランスミッションは7段のデュアルクラッチ式ATを採用する。ステアリングポストにはシフトパドルも装着される。
トランスミッションは7段のデュアルクラッチ式ATを採用する。ステアリングポストにはシフトパドルも装着される。拡大
注目の記事PR
  • 先進性こそキャデラックの身上。充実した装備から「XT5クロスオーバー」の魅力を検証する。
    先進性こそキャデラックの身上。充実した装備から「XT5クロスオーバー」の魅力を検証する。 キャデラックXT5
  • 冬用タイヤに変わる新提案! “藤トモ”がオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」を試す。
    冬用タイヤに変わる新提案! “藤トモ”がオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」を試す。 日本グッドイヤー
注目の記事一覧へ

ゴルフよりもゴルフっぽい!?

ドイツ車だ! 走りだすなり、そう思った。撮影にはたまたま「e-ゴルフ」が同行していたのだが、乗り換えても、ゴルフよりゴルフっぽく感じた。足まわりがかなりスポーティーに締め上げられている。猫足的な柔らかさはおくびにも出さない。「トゥインゴ」的なフェミニンさは微塵もない。18インチホイールに履く「コンチスポーツコンタクト5」も、225のヨンマルと、やる気まんまんだ。R.S.のバッジを付けているのだから当然か、とは理解しても、GTでここまで攻めているとは思わなかった。

205psの直噴1.6リッター4気筒ターボはかなりパワフルで、スポーティーなシャシーにマッチしている。「ルーテシアR.S.」にも使われているこのM5Mユニットは、1618ccの排気量もボア×ストロークの数値も「日産ジューク」用と同じである。だが、ジュークにはないのがDCTだ。

ルーテシア用は6段だが、こちらは7段。シフトパドル付きで、変速スピードは速く、シフトショックも少ない。7速トップは100km/h巡航のエンジン回転数を2300rpmまで下げてくれる。パドルを操作してローンチコントロールを使うこともできる。「最短時間で加速が期待できるスタンディングスタート機能です」というトリセツの説明がおかしい。

ドイツ車ではあたりまえのドライブモード機構、“マルチセンス”も付いた。主にパワートレイン系の味つけを3段階から選べる。ダッシュボードのR.S.ボタンを押せば、ワンタッチで“スポーツ”に入る。ただし、サスペンションのコントロールはないので、ニュートラルでもコンフォートでも、スポーツ足の印象は変わらない。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4395×1815×1435mm。従来型よりも70mm長く、5mm幅広く、25mm高いディメンションが与えられている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4395×1815×1435mm。従来型よりも70mm長く、5mm幅広く、25mm高いディメンションが与えられている。拡大
インテリアカラーはブラックのみの設定。ブルーとシルバーのアクセントが随所に施される。
インテリアカラーはブラックのみの設定。ブルーとシルバーのアクセントが随所に施される。拡大
「メガーヌGT」は、表皮にアルカンターラを使用したヘッドレスト一体型スポーツシートを標準で装備する。ヘッドレストにはチェッカードフラッグ模様が刺しゅうされる。
「メガーヌGT」は、表皮にアルカンターラを使用したヘッドレスト一体型スポーツシートを標準で装備する。ヘッドレストにはチェッカードフラッグ模様が刺しゅうされる。拡大
C字型のLEDポジションランプは、最新のルノー車に共通するデザインアイコン。デイタイムランプとしても機能する。
C字型のLEDポジションランプは、最新のルノー車に共通するデザインアイコン。デイタイムランプとしても機能する。拡大

“体育の時間”では水を得た魚

メガーヌGTの売りのひとつは、4コントロールと呼ばれる4輪操舵機構(4WS)である。低速ではリアタイヤが前輪とは逆位相に切れて小回りをきかせる。最大でも2.7度の切れ角だから、車庫入れのとき、外から見ていてもよほど目をこらしていないとわからないが、この機構がない「GTライン」で5.6mの最小回転半径が5.2mに短縮される。

だが、4コントロール最大の効用は、高速域で発揮される。60~80km/h以上(ドライブモードによって違う)では後輪が前輪と同位相にステアしてスタビリティーや旋回性能を向上させるという。

日本人は、「ホンダ・プレリュード」や「日産スカイライン」や「シルビア」で80年代から4WSを知っている。正直、「いまごろ?」と思いながらワインディングロードに踏み入れたメガーヌGTは、すばらしかった。「オン・ザ・レール」というとおもしろくなさげに聞こえるかもしれないが、このクルマはオン・ザ・レールのシャープさが気持ちいい。ひとことでいうと、目が覚めるようなハンドリングだ。

知らずに乗ったとして、4WS付きであることがわかったかどうか。たぶん筆者にはわからなかったと思うが、ハイパワーなFFなのに、たしかに“後輪を感じる”クルマである。コーナリング脱出時には、後ろでかいているFRかなと感じる瞬間もある。そんな体育の時間では、引き締まった足まわりも水を得た魚になる。GT(グランドツーリング)というより、サーキット通いをお勧めしたいメガーヌである。

「GT」と「スポーツツアラーGT」は、シャシーチューニングをルノー・スポールが担当。専用サスペンションやスタビライザーなどが装着されている。
「GT」と「スポーツツアラーGT」は、シャシーチューニングをルノー・スポールが担当。専用サスペンションやスタビライザーなどが装着されている。拡大
4輪操舵機構「4コントロール」は、新型「メガーヌGT」のハイライトともいえる新機能。リアタイヤを低速時には逆位相に、高速時には同位相に切ることで、旋回性能を高めている。
4輪操舵機構「4コントロール」は、新型「メガーヌGT」のハイライトともいえる新機能。リアタイヤを低速時には逆位相に、高速時には同位相に切ることで、旋回性能を高めている。拡大
タイヤサイズは225/40R18で、テスト車は「コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5」を履いていた。ブレーキディスクはフロントが320mm、リアが290mmと、それぞれ「GTライン」よりも30mm大径化されている。
タイヤサイズは225/40R18で、テスト車は「コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5」を履いていた。ブレーキディスクはフロントが320mm、リアが290mmと、それぞれ「GTライン」よりも30mm大径化されている。拡大

新しいルノーファンを増やすために

レベル2といえるほどの運転支援システムは備えていないが、車線逸脱や車間距離を教えてくれる警報は付いた。クルーズコントロールに追従機能はないが、前走車との車間を測って秒数で知らせてくれる。1.0秒を切ると、計器盤のなかにある路面のグラフィックが黄色から赤に変わる。しかし、そんなチマチマしたものに目を奪われていたら、かえって危ない。日産とのアライアンスで、運転支援システムももっとスピーディーにアップデイトできないものか。新しいルノーファンを増やすためにはそのへんがひとつの課題だろう。

4395mmの全長はゴルフより13cm長い。全高は5cm低いので、後席の広々感はゴルフほどではないが、前席空間はたっぷりしている。アルカンターラ地のスポーツシートは、座面も背もたれも左右の“峰”がかなり高いが、シートそのものが大きいので、押しつけがましさはない。内装の質感も高い。古くは「ルノー25(ヴァンサンク)」あたりの広さと車格感を思い出した。

だから、本国にはあるベースグレード「ZEN(ゼン)」も興味をそそられる。どれくらいアシが柔らかいのか。1.2リッター4気筒ターボのMTでどこまで走るのか。

なんて横道にそれるのはヘソ曲がりだ。新型GTのこの完成度から、きたるメガーヌIVのR.S.に期待をふくらませるのが、正しい今のルノー・ジャポンサポーターというものだろう。メガーヌR.S.は好きだけど、あそこまでのハイカロリーは必要ないというメガーヌR.S.サポーターに、GTはお薦めだ。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)

先進安全装備の強化も新型のトピックのひとつ。車間距離警報や車線逸脱警報、緊急自動ブレーキ、後側方車両検知警報などを標準装備している。
先進安全装備の強化も新型のトピックのひとつ。車間距離警報や車線逸脱警報、緊急自動ブレーキ、後側方車両検知警報などを標準装備している。拡大
走行モード切り替え機構「ルノーマルチセンス」には、「コンフォート」「ニュートラル」「スポーツ」「パーソナル」の4つのモードが用意される。スポーツを選択時には、ローンチコントロール機能も使用可能。
走行モード切り替え機構「ルノーマルチセンス」には、「コンフォート」「ニュートラル」「スポーツ」「パーソナル」の4つのモードが用意される。スポーツを選択時には、ローンチコントロール機能も使用可能。拡大
メーターパネルは液晶表示タイプを採用する。センターのエンジン回転計の部分は、走行モードに応じてカラーリングが変化する。
メーターパネルは液晶表示タイプを採用する。センターのエンジン回転計の部分は、走行モードに応じてカラーリングが変化する。拡大
リアコンビランプ内のボトムラインは、常時発光することでボディーの左右を結ぶようなラインを形成。車幅の広さを演出している。
リアコンビランプ内のボトムラインは、常時発光することでボディーの左右を結ぶようなラインを形成。車幅の広さを演出している。拡大

テスト車のデータ

ルノー・メガーヌGT

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4395×1815×1435mm
ホイールベース:2670mm
車重:1430kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:205ps(151kW)/6000rpm
最大トルク:280Nm(28.6kgm)/2400rpm
タイヤ:(前)225/40R18 92Y/(後)225/40R18 92Y(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)
燃費:--km/リッター
価格:334万円/テスト車=338万5360円
オプション装備:なし ※以下、販売店オプション フロアマットセット<プレミアム RENAULT SPORT>(3万2400円)/ETC車載器(1万2960円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:2974km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(5)/山岳路(2)
テスト距離:353.8km
使用燃料:36.7リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.6km/リッター(満タン法)/9.8km/リッター(車載燃費計計測値

ルノー・メガーヌGT
ルノー・メガーヌGT拡大

関連キーワード:
メガーヌルノー試乗記

あなたにおすすめの記事