ドライバーがみんなハッピーに!?
2018年は道路開通情報に注目せよ

2018.01.05 デイリーコラム

今年は道が変わる年

2018年の日本の自動車界――というより日本の自動車交通界は、大きな前進を記す年になる!

というのも、高速道路の重要路線がいくつか開通するからだ。

まず関西からいくと、新名神の高槻JCT~神戸JCT間が開通する。まだ開通日時は決まっていないが、年度末、つまり2018年3月中の予定だ。正確には、高槻JCT~川西間(26.2km)は2017年12月10日にすでに開通していて、3月中に開通するのは、残る川西~神戸JCT間(16.9km)。しかし高速道路というのは、つながってナンボであり、実質的な開通は3月中といっていい。

これで何が変わるか?

関西最大の難所である中国道「宝塚トンネル」を先頭にした渋滞が、ほぼ解消されるのだ。関西のドライバーにとっては、大変な吉報だ。

首都圏の目玉は、2018年6月とされている外環道千葉県区間 三郷南~高谷JCT(16km)の開通だ。これによって外環道は湾岸線&東関東道から、京葉道路、常磐道を経て、関越道までが完成する。埼玉県と千葉県が非常に近くなる。

渋滞緩和効果としては、首都高C2東側区間から、首都高三郷線にかけての状況が大幅に改善されるはずだ。東関東道と常磐道は、すでに圏央道によって接続されていたが、圏央道の東側区間はあまりにも都心から遠く(約60km)、迂回(うかい)効果が低かった。しかし外環道は、都心から約15km。迂回効果は抜群だ。

同じ外環道では、東京区間(大泉~世田谷間16km)も建設中で、一応まだ開通目標は2020年のままだが、どう考えても不可能な状況。こちらは、おそらく数年遅れとなるだろう。

建設工事が進む、新名神・神戸JCT付近の様子。(2017年6月 清水草一撮影)
建設工事が進む、新名神・神戸JCT付近の様子。(2017年6月 清水草一撮影)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事