第162回:キングスマン壊滅! 英国紳士はアメリカへ
『キングスマン:ゴールデン・サークル』

2018.01.04 読んでますカー、観てますカー

改造ロンドンタクシーで激走

「ジャガーEタイプ」でさっそうと登場するエグジー(タロン・エガートン)。ビシっとしたスーツ姿がキマっている。人類抹殺計画を未然に阻止してから、エージェントとして着実に成長しているようだ。英国紳士が英国の魂を象徴するクルマで活躍するのかと思うとさにあらず。彼が帰宅するのに使うのは「LTC TX4」。要するに、ロンドンタクシーだ。キングスマンの公用車である。

突然彼を襲ってきたのは、キングスマンの候補生仲間だったチャーリー(エドワード・ホルクロフト)だった。右腕をロボットアームに改造してあるから超強い。後ろから「ジャガーFペース」が攻撃をしかけてくると、TX4は戦闘モードに入る。車高を落とし、エンジンはフルパワーモードだ。実際にエンジンはV8に換装されている。オリジナルエンジンでは、後輪から煙を巻き上げながらドリフトするのは難しい。

敵の攻撃を退け、なんとか本部にたどり着く。しかし、知らぬ間に極秘情報が盗まれていた。キングスマンの基地が位置を特定されてロケット攻撃を受けてしまう。前作から2年、『キングスマン:ゴールデン・サークル』は最悪の状況からスタートする。正体不明の敵に組織を壊滅させられてしまったのだ。残ったメンバーは、エグジーとメカニック担当のマーリン(マーク・ストロング)だけ。

危機にあたっての行動マニュアルに示されていたとおりに銀行の金庫を開けると、そこにあったのは1本のバーボンウイスキー。ガッカリした彼らはやけ酒を飲み始めるが、このボトルには重要な意味が隠されていた。製造元のステイツマンは、キングスマンと提携しているアメリカの秘密組織だったのだ。

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
 
第162回:キングスマン壊滅! 英国紳士はアメリカへ『キングスマン:ゴールデン・サークル』の画像
ロンドンでは長年タクシーとして背の高い黒塗りの車両が用いられてきた。2007年に登場したのが、「London Taxi Corporation Ltd(LTC)」の「TX4」である。写真はトヨタ博物館収蔵の「TX1」。
ロンドンでは長年タクシーとして背の高い黒塗りの車両が用いられてきた。2007年に登場したのが、「London Taxi Corporation Ltd(LTC)」の「TX4」である。写真はトヨタ博物館収蔵の「TX1」。
 
第162回:キングスマン壊滅! 英国紳士はアメリカへ『キングスマン:ゴールデン・サークル』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事