第535回:欧州で人気上昇中!
日本車と寿司の不思議な関係

2018.01.05 マッキナ あらモーダ!

日本のアレが絶好調

ヨーロッパにおける2017年の日本車販売は、良い結果となりそうだ。手元にある2017年1月~10月の欧州地域販売台数統計(JATOダイナミクス調べ)をもとに計算すると、日本車の販売台数は前年同期比10万5087台増の176万0272台だった。全ブランド中13%を日本車が占めている。

日本車のメーカー別では、1位はトヨタの61万6141台、2位は日産の49万9012台、3位はスズキの20万4859台である。以下、マツダ、ホンダ、三菱そしてスバルと続く。前年比で見るとトヨタ、日産、スズキが増、マツダ、ホンダ、三菱、スバルは減だった。

他国のブランドも含む車種別販売統計を確認してみると、首位50車には、「日産キャシュカイ(デュアリス)」(5位)、「トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)」(15位)、「トヨタ・オーリス」(40位)、「トヨタC-HR」(42位)が入っている。

そのヨーロッパではいま、寿司がブームである。

やや時間のたった資料だが、2015年7月の『イル・ファット・クォティディアーノ』電子版によると、“日本料理店”と称する飲食店は、ミラノだけでも400店を超える(ただし、記事中のインタビューに答えたイタリア日本食協会の組合員によると、“真の日本料理店”は20店以下という)。

近年イタリアで店舗網拡大中の回転寿司チェーンで出会った、「チョコ&生クリーム寿司」。好みはあろうが、個人的には、こうした果敢な挑戦は歓迎だ。
近年イタリアで店舗網拡大中の回転寿司チェーンで出会った、「チョコ&生クリーム寿司」。好みはあろうが、個人的には、こうした果敢な挑戦は歓迎だ。拡大
同じチェーン店にて。コーンフレークを周囲にまぶした寿司。
同じチェーン店にて。コーンフレークを周囲にまぶした寿司。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事