サービスエリアの進化が止まらない!
メニューコンテストに見る“SAグルメ”最前線

2018.01.08 デイリーコラム

腕利き料理人の本気のメニューを楽しめる

筆者には毎年、年末に楽しみな取材がある。それがサービスエリア(SA)の料理コンテストだ。

公団時代のSAの料理といえば、「どこでも同じ味を」を合言葉に厳密にレシピが決められ、さらに定期的に味のチェックまで行われていた。どこに行っても同じメニューで同じ味。旅情もなにもあったものではなく、販売ランキングのトップは不動の「とん汁定食」だった。しかし、高速道路の民営化により方針は一転。「それぞれの店で独自の料理を提供する」ことが許され、毎年のように新メニューによる料理コンテストが開催されるようになったのだ。

当然のことながら、供されるメニューも以前とは雲泥の差だ。今日におけるSAの経営は、ホテルなどを擁する地元の観光企業が担っていることが多く、そのためSAのレストランにも、ホテルなどで腕を磨いた料理人がいたりする。いつもは“影の存在”であるそうした料理人たちにとって、料理コンテストは自分の腕を証明するチャンス。メディアに注目されるということもあり、毎回、非常に気合の入ったメニューが用意される。取材する側としては、そうしたプロの本気の姿を見るのも楽しいし、試食と称してご相伴にあずかれるのもうれしいご褒美なのだ。

今回取材したのは、都内の料理学校で開催されたNEXCO中日本エリアの「第10回メニューコンテスト」である。

NEXCO中日本エリアを対象に行われた「第10回メニューコンテスト」の決勝の様子。
NEXCO中日本エリアを対象に行われた「第10回メニューコンテスト」の決勝の様子。
サービスエリアのレストランには、地元のホテルなどで腕を磨いた料理人がいることも少なくない。写真は今回の大会で審査員特別賞を受賞した、多賀SA(上り)の「まごわやさしい 牛味噌茶漬け御膳」。
サービスエリアのレストランには、地元のホテルなどで腕を磨いた料理人がいることも少なくない。写真は今回の大会で審査員特別賞を受賞した、多賀SA(上り)の「まごわやさしい 牛味噌茶漬け御膳」。
同じく審査員特別賞を受賞した、養老SA(上り)の「美濃三昧の集い」。
同じく審査員特別賞を受賞した、養老SA(上り)の「美濃三昧の集い」。
あなたにおすすめの記事
新着記事