第536回:コンパクトSUV「アウディQ2」
ただいま欧州で絶好調!

2018.01.12 マッキナ あらモーダ!

意外なほどのスタートダッシュ

イタリアの路上において、発売直後から見かけるクルマはまれである。新型車、特に廉価なモデルは、いわゆる新古車がディーラーに並ぶのを多くのユーザーがじっと待つからだ。

そうした中、近年珍しく発売直後から頻繁に見かけるようになったクルマがある。アウディのコンパクトSUV「Q2」だ。欧州での販売開始は、2016年秋であった。

発売直後から目にするモデルの中には、企業が社員の通勤用に貸与する、いわゆるカンパニーカーがある。しかしQ2は商品の性格上、あまりそうした用途には向かない。実際、路上で窓越しにユーザーをのぞいてみても、個人ユースのムードが漂う人たちがほとんどだ。

2017年1~10月のヨーロッパにおけるQ2の販売台数(データはJATOダイナミクス調べ)を確認してみた。その数6万9484台。早くも「A3」「A4」そして「A1」に次ぐ好成績である。

イタリアやフランス市場向けのカタログを見ると、TFSI(ガソリンターボ)は1.0、1.4、2.0の3種、TDI(ディーゼルターボ)は1.6と2.0の2種が用意されている。TFSI、TDIとも2.0は、クワトロ(4WD)+Sトロニックの組み合わせとなる。クワトロ以外は6段マニュアルも選択可能だ。

イタリア仕様の場合、価格は1.0 TFSI+6段マニュアルの2万6250ユーロ(約354万円。付加価値税22%込み)からである。

今回のお題は「アウディQ2」である。これは日本仕様。
今回のお題は「アウディQ2」である。これは日本仕様。拡大
2017年4月、東京・天王洲で開催された「アウディQ2」の日本ローンチイベントの様子。
 
2017年4月、東京・天王洲で開催された「アウディQ2」の日本ローンチイベントの様子。
	 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事