第9回:新型「XC60」のPHEV、その実力に迫る

大人のグランドツアラー 2018.01.23 徹底検証! ボルボXC60 「ボルボXC60」のPHEV、「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」で京都へ。高速道路から昔ながらの狭い路地まで、往復1000kmを走ってわかった真の実力とは? 全方位的な進化を遂げたという新型の、デザイン、快適性、乗り味にいたるまでチェックした。

XC60のフラッグシップ

21世紀になってボルボは大きく変貌を遂げた。スウェーデン生まれのボルボは、安全思想を第一に掲げ、質実剛健なクルマづくりを売りにしている。最近のボルボは、先進の安全装備に加え、走りの実力も大きくレベルアップした。また、伝統の味わいを醸し出す良質なスカンジナビアンデザインには洗練されたファッション感覚を盛り込んでいる。だからクルマを知り尽くしたベテランだけでなく、若い人がステアリングを握っても似合うクルマになった。

2017年10月に上陸した、ボルボの主力モデルがXC60だ。クロスオーバーSUVの新境地を切り開いた先代は世界中でヒットし、人気者となっている。このXC60が8年ぶりにモデルチェンジされた。兄貴分の「XC90」と同じようにプレミアム感とともに走りの質感も高めている。自慢の安全装備と運転支援機能にも磨きをかけた。その真の実力を知るために、1000kmのロングドライブにトライした。パートナーに選んだのは、フラッグシップのT8 Twin Engine AWDインスクリプションだ。

ボルボは「Drive-E」というモジュール化コンセプトのパワートレイン戦略をとっている。基本となるのは2リッター直列4気筒DOHCエンジンで、これにターボなどを組み合わせてパワーアップを行う。T8が搭載するのは、ターボとスーパーチャージャーを併用した高性能エンジンだ。パフォーマンスは最高出力318ps/最大トルク400Nmで、これに同46ps/同160Nmのフロントモーター、同87ps/同240Nmを発生するリアモーターが加わる。パワフルなだけでなく優れた環境性能も実現した。

「T8」は、分かりやすく言うとプラグインハイブリッド車である。容量10.4kWhのリチウムイオンバッテリーを積み、一充電でEV走行できる航続距離はカタログ値で45.4kmだ。「Pure」モードをチョイスすれば、電動モーターだけで走行する、CO2を排出しない地球にやさしいゼロエミッションカーになる。駆動方式はAWD(オールホイールドライブ)のグレード名から分かるように全輪駆動だ。エンジンを使って前輪を、電気モーターを使って後輪を駆動し、これを状況によって上手に使い分ける。

新型「XC60」のボディーサイズは全長4690×全幅1900×全高1660mm。先代と比べ、全長と全幅が拡大。一方で全高は低く抑えられ、ロー&ワイドなスタイルとなっている。
新型「XC60」のボディーサイズは全長4690×全幅1900×全高1660mm。先代と比べ、全長と全幅が拡大。一方で全高は低く抑えられ、ロー&ワイドなスタイルとなっている。拡大
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」のパワーユニット。ターボチャージャーとスーパーチャージャーを備えるガソリンエンジンに電気モーターが組み合わされる。
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」のパワーユニット。ターボチャージャーとスーパーチャージャーを備えるガソリンエンジンに電気モーターが組み合わされる。拡大
「T8」の左フロントフェンダーにはAC200Vの充電ポートが備わる。
「T8」の左フロントフェンダーにはAC200Vの充電ポートが備わる。拡大
PHEVの「ボルボXC60 T8」の走行モードは「Hybrid」モードのほか、電動モーターのみで駆動する「Pure」モード、エンジンとモーターを最大限に活用する「Power」モード、、好みの設定ができる「Individual」モードが選べる。
PHEVの「ボルボXC60 T8」の走行モードは「Hybrid」モードのほか、電動モーターのみで駆動する「Pure」モード、エンジンとモーターを最大限に活用する「Power」モード、、好みの設定ができる「Individual」モードが選べる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る