みんなが待ってた注目車種の名前も!
2018年発売予定のニューモデルを予測する

2018.01.10 デイリーコラム
トヨタのニューモデルのカギを握るのは「TNGA」。写真は初採用モデルとなった現行型「プリウス」。
トヨタのニューモデルのカギを握るのは「TNGA」。写真は初採用モデルとなった現行型「プリウス」。拡大

新年あけましておめでとうございます。ということで、編集部から「2018年に登場予定のニューモデル」というお題を頂戴いたしました。個人的には『webCG』がスクープネタなどをやるというイメージがあまりなかったのですが、2017年の東京モーターショーや日々の取材の中から注目すべき車種をピックアップしてみました。

東京モーターショー2017でお披露目された「トヨタ・クラウン コンセプト」。次期型「クラウン」の基本ディテールはこれでほぼ確定か!?
東京モーターショー2017でお披露目された「トヨタ・クラウン コンセプト」。次期型「クラウン」の基本ディテールはこれでほぼ確定か!?拡大

TNGAがカギを握るトヨタ

まずはトヨタでしょう。トヨタのニューモデルの場合は、バックグラウンドに「TNGA」へのスイッチというキーワードがあります。2016年の現行型「プリウス」から採用された、トヨタの新しいアーキテクチャーであるTNGAですが、その後「C-HR」「プリウスPHV」に、そしてパワートレインも含めたいわゆる「フルTNGA」モデルとして「カムリ」にも採用されてきました。逆にまだこれだけの車種しかないのか? という思いもあるのですが、TNGA化はフルモデルチェンジのタイミングでしか行えませんので、当然今年出てくるニューモデルのほとんどがTNGAの考えに基づいて開発されています。

その中でもまず注目すべきは「クラウン」でしょう。東京モーターショー(TMS)2017でコンセプトモデルが展示されていましたが、基本ディテールはほぼこれで確定です。ポイントは「レクサスLS/LC」に採用されている「GA-L」プラットフォーム(TNGAのレクサス版)をクラウン用にリサイズして搭載すること。2003年発売の12代目“ゼロクラウン”以降、プラットフォームをキャリーオーバーしてきたクラウンですが、TNGA化の流れに乗ってついにプラットフォームを刷新します。日本専用車種であるクラウンですが、ライバルは日本市場を席巻!? する輸入プレミアムセダン群、トヨタ自慢のテレマティクス機能である「T-Connect」にも新しいアプローチを取り入れてくるはずです。発売は“諸説あり”ですが、これまで年末年始に発売してきたタイミングではなく、お盆休み明けの8月後半と見ています。

あなたにおすすめの記事
新着記事