第468回:“躍度”とは一体何者だ!?
マツダの雪上試乗会に参加して

2018.01.11 エディターから一言
今回の雪上試乗会は、北海道上川郡剣淵町にあるマツダ剣淵試験場で行われた。北海道の中央北部、旭川市の北約50kmのところに位置している。
 
今回の雪上試乗会は、北海道上川郡剣淵町にあるマツダ剣淵試験場で行われた。北海道の中央北部、旭川市の北約50kmのところに位置している。
	 

マツダが北海道剣淵試験場で開催した雪上試乗会に参加。雪を蹴散らしてド派手なドリフト……というシーンはなく、今回のテーマは「躍度(やくど)」。なにやら聞きなれぬこの言葉を重視する、マツダのクルマづくりの姿勢とは!?

「躍度」について解説するマツダ パワートレイン開発本部の井上政雄氏。質問をぶつけると、こちらが納得するまでしっかりと説明してくれる熱い開発者だ。
「躍度」について解説するマツダ パワートレイン開発本部の井上政雄氏。質問をぶつけると、こちらが納得するまでしっかりと説明してくれる熱い開発者だ。
試乗に供されたマツダ車の最新ラインナップ。オープントップモデルの「ロードスター」も加えられている。
試乗に供されたマツダ車の最新ラインナップ。オープントップモデルの「ロードスター」も加えられている。
今回は挙動の変化しやすい雪上で試乗することで、躍度の変化をつかみやすくするという試みである。
今回は挙動の変化しやすい雪上で試乗することで、躍度の変化をつかみやすくするという試みである。

躍度をコントロールしやすいのが“心地よいクルマ”

マツダが近ごろ自動車メディアを通じてユーザーに知らしめようとしているのは躍度という言葉だ。躍度に躍起になっている。躍度とは単位時間当たりの加速度の変化率を指す。同社がわれわれを相手に躍度を説明する場合、たいていパワートレイン開発本部の井上政雄さんが出てきて説明してくれるのだが、そのなかでわかりやすいのは公共の乗り物の例。路線バスも新幹線も発進する際に発生する加速度は0.1G程度なのだそうだ。ただ、乗員が受ける印象は異なる。路線バス内で立った状態で発進されると体を支えるのにつり革が必要だが、新幹線内で立った状態で発進されても特に支えは必要ない。この差が躍度の差だという。同じ0km/hから50km/hに達する加速でも、時間をかけて加速すれば加速度の変化率、つまり躍度は低く、逆に急激に加速すれば躍度が高いということになる。

これを乗用車の運転に当てはめると、ドライバーがアクセルペダルを踏み込む量で加速度が決まり、踏み込む勢いで躍度が決まる。当然躍度は加速時のみに発生するわけではなく、減速時にも旋回時にも、あらゆる挙動において存在する。そして乗員にとって心地よい躍度の範囲が存在し、運転中、その躍度の範囲を保ちやすい(躍度をコントロールしやすい)クルマこそが、心地よいクルマというのがマツダの考え方だ。つまり躍度を使った説明は、マツダが昔から理想として掲げる “意のまま”とか“人馬一体”という表現を、躍度の考え方によって定量化、見える化しようという試みだろう。

あなたにおすすめの記事
新着記事