シンガポール生まれのにくいヤツ
電動ミニバイク「モトチンプ」に迫る

2018.01.12 デイリーコラム

ホンダのアレを思い出す

最近、「Motochimp(モトチンプ)」という電動バイクが、乗りもの好きの間で、ちょっとした話題になっている。その名前とスタイルが、かつて個性派コンパクトカーとして大ヒットした初代「ホンダ・シティ」の良き相棒、「モトコンポ」とよく似ていることも要因のひとつだ。モトチンプとは、一体何なのだろうか?

その正体は、シンガポール生まれの愛らしいスタイルを持つ小型電動バイクだ。ボディーサイズは、全長1102mm×全幅655mm×全高1153mmと非常にコンパクト。サスペンションを持たないシンプルな構造だが、原動機付自転車として登録可能で、公道走行を楽しむことができる。性能としては、最高速度は45km/h、航続距離は最長60kmと日常の移動には十分なスペックが与えられている。

充電についても専用の急速充電器で、満充電までわずか1時間と手軽。また、モトコンポのようにハンドルが畳めるため、かさばることなく自動車に積むこともできる。車両重量は50kgあるが、そのうち10kgを占めるリチウムイオンバッテリーは着脱可能なので、積載時や充電時などの利便性も高い。

最大の魅力は、やはりスタイルだろう。シンプルで直線的な部分はモトコンポに通じるものがあるが、赤、青、黄のボディーに、パーツの塗り分けによる、白い縦ストライプが入るのがユニーク。そのポップな感じは、バイクというよりは、まるでおもちゃのようだ。それもそのはずで、デザインを手掛けたシンガポール人デザイナーが、かつて大手おもちゃメーカーの商品デザインにも携わっていた人物と聞けば、まさに合点がいく。

小さなボディーの電動車、モトチンプ。全長は1m強にすぎない。
小さなボディーの電動車、モトチンプ。全長は1m強にすぎない。拡大
直方体のボディーにタイヤを付けただけのような、シンプルデザインが持ち味。ハンドルを畳めば、クルマの荷室にも積み込みやすい。
直方体のボディーにタイヤを付けただけのような、シンプルデザインが持ち味。ハンドルを畳めば、クルマの荷室にも積み込みやすい。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事