【東京オートサロン2018】スバルが「ヴィジヴ パフォーマンスコンセプト」のSTI仕様を発表

2018.01.10 自動車ニュース

スバルは2018年1月10日、千葉の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」(開催期間:2018年1月12日~14日)に、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(以下、STI)と共同でブースを出展すると発表した。

カスタマイズとモータースポーツの魅力にフォーカス

今回のオートサロンにおけるスバルブースの目玉は、同社とSTIの将来ビジョンを具現したというコンセプトモデル「ヴィジヴ パフォーマンスSTIコンセプト」である。2017年の東京モーターショーに出品した「ヴィジヴ パフォーマンスコンセプト」をベースに、STIが約30年にわたってモータースポーツ活動やコンプリートカー開発などで培ったノウハウを込めたコンセプトカーと説明されている。

具体的には、STIのコンプリートカーらしいハイパフォーマンスを想起させる、専用のフロントバンパーやサイドシルスポイラー、トランクスポイラーを採用。空力特性の向上によって走行安定性を高めるなど、クルマ本来の性能にも磨きをかけ、高いレベルで安心と楽しさを実現しているという。

このほかにも、運動性能を向上させるSTIのパーツを装着したカスタマイズモデル「レヴォーグSTI Sport -STI Performance-」「BRZ STI Sport -STI Performance-」を展示。両モデルともにフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能の向上を図るエアロパーツなどを装備している。

モータースポーツ関連では、「SUBARU BRZ GT300 2017」「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」「SUBARU LEGACY RS 1993 NEW ZEALAND RALLY」「SUBARU IMPREZA 555 1996 SAN REMO RALLY」と、スバルのモータースポーツの歴史を飾る4台の競技車両を展示。また、開発担当者や歴代のドライバーによる、スバルとSTIの歴史を紹介するトークショーや、メカニックによるトークショーおよびタイヤ交換のデモンストレーション、STIパーツのプレゼンテーションなども予定されている。

(webCG)
 

「スバル・ヴィジヴ パフォーマンスSTIコンセプト」
「スバル・ヴィジヴ パフォーマンスSTIコンセプト」

関連キーワード:
スバル東京オートサロン2018モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事