第469回:サーキット走行の“イロハ”を学ぶ
NISMOドライビングアカデミーに参加して

2018.01.13 エディターから一言
NISMOドライビングアカデミーに挑戦する筆者。車両だけでなく、ヘルメットとグローブも借り物という“サーキット初心者”である。
NISMOドライビングアカデミーに挑戦する筆者。車両だけでなく、ヘルメットとグローブも借り物という“サーキット初心者”である。

2017年末に富士スピードウェイで開催された、NISMOドライビングアカデミーをwebCG記者が受講。現役のSUPER GTドライバーらによる指導を受けて、運転スキルはどれだけ向上した!?

開会のあいさつに立ったNISMOの片桐隆夫社長。「お客さま向けのアカデミーでも、まずはサーキット走行のリスクを説明するところから始めています。皆さん、安全に楽しんでください」と語った。
開会のあいさつに立ったNISMOの片桐隆夫社長。「お客さま向けのアカデミーでも、まずはサーキット走行のリスクを説明するところから始めています。皆さん、安全に楽しんでください」と語った。
アカデミーの概要を説明するミハエル・クルム校長。「サーキット走行なので、普段は使わないABSなどの出番もあると思います。松田選手は日常的に使っているようですが」と、笑いを誘った。
アカデミーの概要を説明するミハエル・クルム校長。「サーキット走行なので、普段は使わないABSなどの出番もあると思います。松田選手は日常的に使っているようですが」と、笑いを誘った。
写真左から千代勝正選手、佐々木大樹選手、星野一樹選手、ミハエル・クルム校長、松田次生選手、藤井誠暢選手。豪華すぎる講師陣である。
写真左から千代勝正選手、佐々木大樹選手、星野一樹選手、ミハエル・クルム校長、松田次生選手、藤井誠暢選手。豪華すぎる講師陣である。
会場に並べられた現行NISMOロードカーのラインナップ。最新モデルである「セレナNISMO」がセンターを占めている。
会場に並べられた現行NISMOロードカーのラインナップ。最新モデルである「セレナNISMO」がセンターを占めている。

サーキット走行を始めたい方に

NISMOドライビングアカデミーとは、NISMOが2017年から始めたドライビング教室で、パンフレットには「これからサーキット走行を始めたい方」向けと記されている。富士スピードウェイのほか、SUGOや岡山国際、鈴鹿などのサーキットを中心に、日本全国で順次開催されており、参加可能な人数は各回おおむね20人~30人ほどである。アカデミーの校長はミハエル・クルム選手、講師はSUPER GTなどでおなじみのNISMOの現役ドライバーが務めており、今回は松田次生選手、藤井誠暢選手、千代勝正選手、星野一樹選手、佐々木大樹選手からレッスンを受けることができた。

ちなみに誰でも受講できるというわけではなく、参加できるのはNISMOロードカー、または「日産GT-R」か現行型「日産フェアレディZ」(「ロードスター」を除く)のナンバー付き車両をサーキットに持ち込めるオーナーに限られる(今回はプレス向けに実施されたため、各媒体の記者がNISMO側が用意してくれたクルマで参加した)。対象車両であっても違法改造を施しているものは参加不可とされている。

プログラムは3段階に分けられており、サーキット走行未経験者を対象に、まずはスポーツドライビングの基礎を学び、自分のクルマの性能をミニコースや広場を使って安全に体感できる「ステージ1」、ステージ1で得たスキルを元にサーキットの走り方を練習し、低速から中~高速での同乗走行や先導走行を行う「ステージ2」、そして講師のアドバイスを受けながら、スポーツドライビングを楽しみつつドライビングテクニック向上を目指す「ステージ3」がある。サーキット走行でのタイム計測も楽しめるステージ3に参加するためには、ステージ1とステージ2を修了する必要がある。

この日はステージ1と2を体験することができたのだが、さらにプレス向けに特別な内容が追加されていた。ステージ1で習得する内容を組み合わせたパイロンコースを、プログラム受講前と受講後に周回してタイム計測を行うことで、自分がどれだけ上手になったかが数字で分かるようになっていたのである。これはNISMOドライビングアカデミーとしても初めての試みだそうで、「皆さんがうまくなってくれたことが数字で分かると、われわれの励みになりますので」ということだった。

あなたにおすすめの記事
新着記事