【東京オートサロン2018】トヨタ、「GRスーパースポーツコンセプト」を世界初公開

2018.01.12 自動車ニュース
「GRスーパースポーツコンセプト」
「GRスーパースポーツコンセプト」

トヨタ自動車は2018年1月12日、「東京オートサロン2018」の会場でプレスカンファレンスを開催し、WECで培ったノウハウを投入したコンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」とその「テストカー」を世界初公開した。

エクステリアデザインはレーシングカーそのままといった印象。ノーズの先端にトヨタのエンブレムが誇らしげに付く。
エクステリアデザインはレーシングカーそのままといった印象。ノーズの先端にトヨタのエンブレムが誇らしげに付く。
乗車定員は2人。ランニングシャシーの「テストカー」から判断するに、ハンドル位置は左を想定しているようだ。
乗車定員は2人。ランニングシャシーの「テストカー」から判断するに、ハンドル位置は左を想定しているようだ。
こちらがランニングシャシーの「テストカー」。むき出しのカーボンがただならぬ雰囲気を醸し出す。
こちらがランニングシャシーの「テストカー」。むき出しのカーボンがただならぬ雰囲気を醸し出す。
「GRスーパースポーツコンセプト」とGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏。
「GRスーパースポーツコンセプト」とGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏。

TS050 HYBRIDとほぼ同パーツで構成

今回公開されたGRスーパースポーツコンセプトは、WECに参戦しているレーシングカー「TS050 HYBRID」とほぼ同じ主要パーツで構成されたコンセプトカーである。

レーシングカーさながらのボディーの中には、実戦で鍛えられた2.4リッターV6ツインターボエンジンとトヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)が搭載されている。高効率のEVシステムと希薄燃焼エンジンを組み合わせたこのパワーユニットは、1000ps(735kW)という最高出力と環境性能を両立させた点が売り。“次世代のスーパースポーツカー”を目指している。

プレスカンファレンスで登壇したGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏は、「市販車両をレベルアップしてスポーツカーをつくるのではなく、レースやラリーで培われたノウハウを、さまざまな制約の中で、いかに市販車に落とし込むことができるか、挑戦することがTOYOTA GAZOO Racingの目指すクルマづくりと位置付けています」と語り、「まさに現役のレーシングカーから、スポーツカーをつくるという、トヨタにとって全く新しい挑戦が始まっています」と強調した。

発表時期については、「実際に皆さまがステアリングを握れるようになるまでには、まだ時間がかかります」と述べるにとどまった。

(webCG)

関連キーワード:
モーターショー東京オートサロン2018トヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事