第537回:夢のカーライフはすぐそこに!?
エレクトロニクスの見本市「CES 2018」リポート

2018.01.19 マッキナ あらモーダ!

ハイテクショーで、まさかの停電

世界最大級の家電・エレクトロニクスショー「CES 2018」が、2018年1月9日から12日にかけて、米国・ラスベガスで開催された。

空港における入国審査は、テロ対策から年々時間を要するようになっている。今回、イタリアからの空路で最初の米国入国地となったデンバーでは、機械と入国審査官のダブルチェックを通過するのに、なんと2時間を要した。この苦労、懐かしのテレビ番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」かよ! と思ってしまった。

到着した1月8日のラスベガスは大雨だった。配車サービス「ウーバー」のドライバーは、ホテルまでいつもと違うルートをとる。無駄な遠回りを警戒し、「俺はベガスに詳しいんだぜ」といった言葉をちらつかせた。するとドライバー氏は、「今夜は雨であちこちの道が水浸しのうえ、渋滞がひどいんですよ」という。実際にそれは正しく、宿でテレビをつけると、たちまちラスベガス地域における冠水のニュースが流れた。

後日乗った別の運転手によると、当日ラスベガスでは200件の追突事故が起きたという。「この地の住民は、雨の日の運転テクニックを知らないからね。そもそもワイパーを使う日がまれなんだよ」と教えてくれた。

大雨はさらなる災厄をもたらした。CESのメインパビリオンでは会期1日目に雨漏りが発生。2日目には1時間半にわたる停電が起きた。世界屈指の最先端テクノロジーショーだけに、かなりのブラックジョークだ。

2018年1月9日から12日に開催された米国・ラスベガスのCES会場で。LGエレクトロニクスは、有機ELディスプレイで作られたトンネルで、今年も来場者を驚かせた。
2018年1月9日から12日に開催された米国・ラスベガスのCES会場で。LGエレクトロニクスは、有機ELディスプレイで作られたトンネルで、今年も来場者を驚かせた。
これはキヤノンのブース。実機撮影テスト用のオブジェが並ぶ。
これはキヤノンのブース。実機撮影テスト用のオブジェが並ぶ。
2017年1月10日の昼前、CESの会場を突如襲った停電は1時間半近く続いた。ハイテクショーの皮肉。
2017年1月10日の昼前、CESの会場を突如襲った停電は1時間半近く続いた。ハイテクショーの皮肉。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事