システム最高出力1000ps!
トヨタの「GRスーパースポーツコンセプト」とは何者だ?

2018.01.17 デイリーコラム

TS050 HYBRIDと主要パーツを共有

東京オートサロン2018でトヨタが世界初公開したTOYOTA GAZOO Racingのコンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」 に驚いた人は多いだろう。見た目は、プロトタイプレーシングカーそのもの。しかも、これを単なるコンセプトではなく、そしてサーキット専用車ともせず、あくまでロードカーとして市販を前提に開発していると聞き、2度驚いたのではないだろうか。

GRスーパースポーツコンセプトは、ルマン24時間レースを含む、WECの参戦車両である「TS050 HYBRID」とほぼ同じ主要パーツで構成されている。まさに公道に舞い降りたレーシングカーなのだ。最も象徴的なのがパワートレインで、レーシング用のハイブリッドシステム「THS-R」に2.4リッターV6直噴ツインターボを組み合わせる。公表されるシステム最高出力は、なんと1000ps。つまり、「マクラーレンP1」や「アストンマーティン・ヴァルキリー」のようなハイパーカーが、日本からも誕生しようとしているのだ。すでに走行可能なテストカーが組み上げられ、開発が進められているといい、トヨタの本気を示すかのように、デザインコンセプトとともに、ボディーカウルを外した「テストカー」も同時に公開された。デザインを含め、まだ具体的な仕様などは発表されていないコンセプトカー段階ではあるが、2座のキャビンのまわりを覆うように、インタークーラーなどのメカニズムが配置される姿は迫力満点。どのようなロードカーに仕上げられるのか、想像がかき立てられる。

東京オートサロン2018で世界初公開された「GRスーパースポーツコンセプト」。そのいでたちは、プロトタイプレーシングカーそのもの。ルーフアンテナには「T-Connect」のロゴが入っている。
東京オートサロン2018で世界初公開された「GRスーパースポーツコンセプト」。そのいでたちは、プロトタイプレーシングカーそのもの。ルーフアンテナには「T-Connect」のロゴが入っている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事