第207回:夏だ! ビーチだ! スマートだ! 「スマートタイムズ11」イタリアで開催(後編)

2011.08.19 エッセイ

第207回:夏だ! ビーチだ! スマートだ! 「スマートタイムズ11」イタリアで開催(後編)

気分はミッレミリア?

(前編からのつづき)
従来の開催地オーストリアを飛び出して、初めてイタリア・リッチョーネで開かれた「スマート」ファンのための国際ミーティング「スマートタイムズ」。場所は変われど、参加者たちが一番興奮したのは、やはり恒例のパレードであった。

2011年8月6日朝10時、メイン会場であるローマ広場でチェッカードフラッグが振り下ろされると、約800台にのぼる色とりどりのスマートたちが一斉にホーンを鳴らした。
“Follow me”のサインを掲げたセーフティカーの後ろには、前編で紹介したスマートブランドの総責任者ヴィンクラー女史が運転する緑のスマートが並ぶ。特製モディファイが各部に施されたそれは、彼女が日常の足に使っているクルマらしい。それにしてもダイムラーの1ブランドのトップがファンミーティングのパレードを先導するとは。

ところで最近欧州各国でのスマートの広告は、ユーモアあふれるものが多い。たとえば「恋をしたら、後ろは振り向かない」というコピーとともにあるイラストは、普通のクルマに乗るカップルの後席から、眼鏡をかけたママが顔を出しているものである。もし2人乗りのスマートに乗っていれば、恋を邪魔する者はいない、というわけだ。最近のスマートにはダイムラーの新しい風を感じるものが多い。

パレードの車列は約7kmに達し、参加者たちはビーチサイドから内陸の丘陵地帯にかけて約3時間のドライブを楽しんだ。沿道では多くの人々が家からいすを持ち出して見物したり、さかんに手を振ったりしていた。ミッレミリアや古いクルマの走行会ならともかく、現行生産車でこれだけ人々が盛り上がるのは、スマートのキャラクターの成せる業であろう。

人気といえば夜のリッチョーネの街でも同じだった。「スマート・ロードスター」や「スマート・ロードスタークーペ」の前に立って写真の撮りっこをするカップルや親子を何組も見た。僅か8年前に登場した量産車とは思えぬエキサイトぶりである。

土曜日朝にスタートした「スマートタイムズ11」のパレード。セーフティカーの右後方に見える緑のクルマは、スマートブランドの総責任者ヴィンクラー女史がステアリングを握っている。
第206回:夏だ! ビーチだ! スマートだ! 「スマートタイムズ11」イタリアで開催(後編)
チェコからの参加車グループが快走する。パレードの車列は総延長7kmに達した。
第206回:夏だ! ビーチだ! スマートだ! 「スマートタイムズ11」イタリアで開催(後編)
丘陵地帯へとコースは続く。「スマート・フォーフォー」にハコ乗りしているのはルーマニアからパートナーのダンと参加したアンナマリア。
第206回:夏だ! ビーチだ! スマートだ! 「スマートタイムズ11」イタリアで開催(後編)
「スマート・ロードスター」の前で記念撮影を楽しむ散歩中のカップル。
第206回:夏だ! ビーチだ! スマートだ! 「スマートタイムズ11」イタリアで開催(後編)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。