【スペック】GS350 プレプロトタイプ:全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm/ホイールベース=2850mm/駆動方式=FR/3.5リッターV6/(テスト車はプレプロトタイプ)

レクサスGS プレプロトタイプ【試乗記】

貴重なインパクト 2011.08.19 試乗記 レクサスGS350 プレプロトタイプ(FR/6AT)/GSハイブリッド プレプロトタイプ(FR/CVT)

年明けの国内発売が予定される新型「レクサスGS」の、プレプロトタイプに試乗。その仕上がり具合をリポートする。

楽しみなスタイリング

「レクサスGSハイブリッド」でテストコースを走っている。ATシフターの後ろに設置されたダイヤルを回してスポーツモードを選ぶ。
「アレ?」。メーターナセルのなかを見て驚いた。向かって左のメーターが回転計に変わっている。それまでは、左下から上へ向かって円周上に「CHARGE」「ECO」「POWER」と目盛りが表示されていたのに、いまでは何の変哲もない(!?)タコメーターが、シレッと針を上下させている。レッドゾーンは、6600rpmから。
メーターをディスプレイに表示させるクルマが現れてから、ひとつのメーターに複数の役割を担わせるようになるとは予想していたが、なるほど、GSハイブリッドの切り替え方はうまい。機能に即しているうえ、自然に感じさせるところが、さすがはトヨタ由来のプレミアムブランドである。

2011年4月のニューヨークショーで、「レクサスLF-Gh」として新しいスタイリングを披露した新型「GS」。「スピンドルグリル」と仰々しい名前を付けてはいるものの、「レクサス版シングルフレーム」とでもいうべき顔つきに、少々危惧の念を抱いていたレクサスファンも多かったはず。しかし追って8月、テストコースを使って開催されたプレス向け先行試乗会で姿を現した(ほぼ)市販車仕様では、太いバンパーがグリルをしっかり上下に分けていた。デザイン的には多少テーマが弱まったかもしれないが、消費者目線では、むしろ安心できるフェイスとなった。

個人的に「いいな」と感じたのは、斜め後ろから見た姿。トランクの後端上部をちょいとつまんだような空力処理はしゃれているし、後方にボリュームの中心が置かれたキャビンのおかげで前のめり気味、低く構えていかにも走りだしそうな様子だ。スポーティ! ここかしこに振りかけられたジャーマンフレイバーが気にならないこともないし、今後のレクサスデザインを引っ張っていく存在なのに、「流行の後追いをするのはいかがなものか」と外野の気楽さで思ったりもするが、一方で、なんだか楽しみなスタイリングでもある。

新しい「レクサスGS」。ちょっとばかりフェンダーを広げてギラつく大径ホイールを履かせ、ペタペタに車高を落としたらカッコよさそうだ。フロントバンパーをマットブラックで塗って、スピンドルグリルをメッキで縁取りする……。そんなことを考えながら腕をさする人たちが出てくるに違いない。意気消沈気味なニッポンの自動車市場において、ニューGSのインパクトは貴重なものだ。

今回の試乗は、トヨタ自動車のテストコースで行われた。写真は、高速周回路をゆく新型「レクサスGSハイブリッド」。プレプロトタイプとなる試乗用車両には、マスキングが施されている。
今回の試乗は、トヨタ自動車のテストコースで行われた。写真は、高速周回路をゆく新型「レクサスGSハイブリッド」。プレプロトタイプとなる試乗用車両には、マスキングが施されている。
フロントまわりのアップ。大胆な輪郭のグリルや、“目頭”から外に向かってLEDが配置されたヘッドランプが、強いインパクトを与える。
フロントまわりのアップ。大胆な輪郭のグリルや、“目頭”から外に向かってLEDが配置されたヘッドランプが、強いインパクトを与える。
リアビュー。バンパー一体型のサイレンサーエンドは、ガソリンモデル「GS350」特有のもの。ハイブリッドモデルは逆に、排気口の目立たないデザインとなっている。
リアビュー。バンパー一体型のサイレンサーエンドは、ガソリンモデル「GS350」特有のもの。ハイブリッドモデルは逆に、排気口の目立たないデザインとなっている。

レクサスGS プレプロトタイプ【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る