ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」のカラーバリエーションを強化

2018.01.18 自動車ニュース
「ホンダN-BOXスラッシュ」
「ホンダN-BOXスラッシュ」拡大

本田技研工業は2018年1月18日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」をマイナーチェンジし、同年1月19日に発売すると発表した。

インテリアカラーパッケージに新設定された「ダークスタイル」のインストゥルメントパネルまわり。
インテリアカラーパッケージに新設定された「ダークスタイル」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「ダークスタイル」のシート。
「ダークスタイル」のシート。拡大
「ブライトロッドスタイル」のシート。
「ブライトロッドスタイル」のシート。拡大

今回のマイナーチェンジでは、インテリアカラーパッケージとツートンのボディーカラーが全グレードで選択可能となったほか、インテリアカラーパッケージについては都会的なドライブシーンをイメージしたという「ダークスタイル」を新設定。全5種類のラインナップとした。また、ベースグレード「ブライトロッドスタイル」についても、シート色などをモカに変更している。

一方外観では、ボディーカラーに「プラチナホワイト・パール」「プレミアムアガットブラウン・パール」「サンセットオレンジII」を新設定。ツートンカラーに「クリスタルブラック・パール&レッド」の組み合わせを追加するなどして、モノトーン7色、ツートン10色にカラーバリエーションを拡充した。

価格は135万9720円から192万0240円。

(webCG)

関連キーワード:
N-BOXスラッシュホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編) 2017.11.9 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダN-BOXカスタムG EXターボ」に試乗する。今の日本のクルマ生活の、ひとつの象徴ともいえるN-BOX。それがある生活は、谷口的にはアリかナシか?
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-BOXカスタムG・EXターボHonda SENSINGプロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る