これからは声が決め手!
CES 2018に見る「次世代コックピット」

2018.01.19 デイリーコラム

いずれはインパネ全面が液晶に!?

2018年1月9日~12日にラスベガスで開催された「CES 2018」に、初めて取材で訪れた。CESとはコンシューマー・エレクトロニクス・ショーの略であり、本筋は家庭用の電気製品だ。ざっと斜めに見ただけでも、次世代通信の5G、VRを利用した次世代エンターテインメント、ドローン、スマートスピーカー対応家電などがひしめきあっており、展示ブースがオープンされる4日間すべてをかけても、全部はとても見切れないほどたくさんの製品と最新技術が展示されていた。

そして自動車関連の最新技術も家電に負けず劣らず、大量に見ることができた。レーザーレーダーやデジタルマップのような自動運転に必要な技術から、次世代のインストゥルメントパネル、数多くのモニターをコントロールするCPU、情報通信の際に必須となるセキュリティー技術など、まさに百花繚乱(りょうらん)である。

その中で、筆者が気になったのが「次世代のコックピット」だ。クルマとドライバーのインターフェースは、これからどうなるのか? 

会場では、さまざまな次世代コックピットのコンセプトが展示されていたが、どれも一様に、非常に大きなモニターを備えている。ディスプレイ自体は、極薄でありながら非常に明るく、しかも湾曲面に表示することも可能だ。インパネ全体がディスプレイになるのも、そう遠い未来の話ではないだろう。

サイドミラーをカメラで代用した場合、側方の映像はそうしたインパネ前面ディスプレイの一部に表示させるのだが、コンチネンタルでは面白い提案があった。ドライバーの顔の向きをセンサーで認識し、サイドミラーをのぞき込むときのように頭や顔を動かすと、それに連動してディスプレイ上の表示も変化するのだ。さらにコンチネンタルでは、ディスプレイの表面に凹凸をつけて、触っただけでボタンの位置がわかる「3Dディスプレイ」という提案もあった。

コンチネンタル以外でも、ルームミラー部にサイドのカメラの映像を表示したり、ダッシュボードの上や天井にディスプレイを置いたり、数多くの次世代コックピットの展示が見られた。

砂漠の街でありながらも、会期中の2日間、ラスベガスは本降りの雨。その影響で展示ホールが停電になるというハプニングが発生した。
砂漠の街でありながらも、会期中の2日間、ラスベガスは本降りの雨。その影響で展示ホールが停電になるというハプニングが発生した。
コンチネンタルが提案するインパネ全面形のディスプレイ。左右両端にはサイドミラー代わりの表示部がある。
コンチネンタルが提案するインパネ全面形のディスプレイ。左右両端にはサイドミラー代わりの表示部がある。
こちらは、ルネサス社の展示。サイドミラー代わりの表示モニターは、ダッシュボードの上に設置されている。
こちらは、ルネサス社の展示。サイドミラー代わりの表示モニターは、ダッシュボードの上に設置されている。
あなたにおすすめの記事
新着記事