アウディ、なでしこジャパンに「A1」を提供

2011.08.18 自動車ニュース

アウディ、なでしこジャパンに「A1」を提供

アウディジャパンは2011年8月18日、FIFA女子ワールドカップドイツ大会で優勝した日本女子代表チーム「なでしこジャパン」に22台の「A1」を提供すると発表。贈呈式を東京・表参道のアウディフォーラム東京で行った。

サッカー日本代表チームのサポーティングカンパニーであるアウディジャパンは、7月のFIFA女子ワールドカップドイツ大会で、日本サッカー史上初の優勝を成し遂げたなでしこジャパンの活躍を祝い、監督と選手21人に「アウディA1」を3年間無償貸与することを決定した。

今回の贈呈式には、佐々木則夫監督と15人のなでしこジャパンメンバーがゲストで登場。アウディジャパン エグゼクティブダイレクターのアダム・パスタナック氏から、お祝いのメッセージとA1ボード、A1カラーバリエーションボードが贈られた。選手たちは、10種類のカラーの中から好きな色のA1が選べるという。

アウディA1を目の前にして感想を聞かれた佐々木監督は、「スポーティなクルマなので、僕のカラダにどうかな〜、でも僕に“合うディ”」とダジャレ(!?)を交えてコメント。キャプテンの澤選手も、「とてもスポーティで女性にとても似合うステキなクルマなので、自分たちに似合うか不安ですが」と語り、「でも私にも」という佐々木監督のふりに「似合うディ……」と苦笑いしながら応えていた。A1でどこにドライブに行きたいかという質問に、宮間選手と川澄選手は、「同じチームのメンバーやルームシェアしている選手と2台連なってドライブに行きたい」と語った。

また、9月1日から始まるオリンピック予選について、佐々木監督は「今回このようなすてきなプレゼントを頂きましたので、また奮起して、ロンドンオリンピックの切符を必ず皆さまに届けます! 応援よろしくおねがいします」。澤選手は「アジア予選は重要な試合なので、みんなで協力し乗り切って、ロンドンオリンピックでもいい成績が残せるように頑張ります」と意気込みを語った。

(webCG ワタナベ)

佐々木則夫監督となでしこジャパン15人のメンバー。
佐々木則夫監督となでしこジャパン15人のメンバー。
佐々木監督にA1ボード、澤選手にA1カラーバリエーションボードが手渡された。
佐々木監督にA1ボード、澤選手にA1カラーバリエーションボードが手渡された。
佐々木監督と選手たちがサインをした「A1」と一緒に、ナンバー1のポーズで記念撮影。
佐々木監督と選手たちがサインをした「A1」と一緒に、ナンバー1のポーズで記念撮影。
アウディ、なでしこジャパンに「A1」を提供の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る