CESで示された空気に逆行!?
北米自動車ショーに見る保護主義の気配

2018.01.22 デイリーコラム

AutoMobili-Dは今年も期待外れ

冷たい雨に見舞われた後、半袖でも十分なポカポカ陽気となった2018年1月12日のラスベガス。CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)も残りわずかとなった頃、北東部のミシガン州デトロイトへと飛んだ。

NAIAS(北米国際自動車ショー)は、日本では「デトロイトショー」という名前で知られる、1907年初開催という歴史を誇る名門自動車イベントである。この時期のデトロイトは日中でもマイナス10度前後になることは珍しくない。特に今年は大寒波の影響で、NAIAS開催の10日ほど前は、マイナス25度という極寒だったそうだ。

さて、今年もNAIASは併催イベントのAutoMobili-Dから始まった。これはラスベガスのCESを強く意識したもので、次世代自動車産業について産学官が連携して考えていこうという試みだ。自動車産業には今、電動化、自動運転化、通信によるコネクテッド化、さらにライドシェアリングなどの新しいサービスの創出という、時代変革の大波が押し寄せている。そんな中、“モータウン”としてアメリカ経済を支えるこの地で、オートモービルからモビリティーへの大転換を提唱しようというのだ。

2年目となる今回も、昨年と同じく基調講演やパネルディスカッション、またベンチャーや大学、自動車部品メーカーなどによる特別展示などが行われた。だが客足はというと、昨年の第1回同様、基調講演の一部が満席となったが、多くのセッションでは空席が目立った。特別展示会場もどこもガラ~ンとして活気がない。やはり、トラディショナルなモータウンにITなどの新技術は不似合いなのだろうか? 「来年はここでの出展はないと思う」と漏らす自動車部品メーカー関係者もいたが、来年はAutoMobili-D自体の開催が危ぶまれるだろう。

デトロイトの象徴、ゼネラルモーターズの本社が入るルネッサンスセンター。
デトロイトの象徴、ゼネラルモーターズの本社が入るルネッサンスセンター。拡大
未来のモビリティーを提案する併催イベント、AutoMobili-Dの様子。初日のイーレン・チャオ運輸長官の講演以外はまさに“人気なし”だった。
未来のモビリティーを提案する併催イベント、AutoMobili-Dの様子。初日のイーレン・チャオ運輸長官の講演以外はまさに“人気なし”だった。拡大
展示会場は今年も閑古鳥。来年は、AutoMobili-Dの開催はないかもしれない。
展示会場は今年も閑古鳥。来年は、AutoMobili-Dの開催はないかもしれない。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事