スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売

2018.01.23 自動車ニュース
「スズキSV650X ABS」
「スズキSV650X ABS」拡大

スズキは2018年1月22日、カフェレーサースタイルの新型二輪車「SV650X ABS」を、同年1月26日に発売すると発表した。価格は78万1920円。

 
スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売の画像拡大

“ネオレトロ”なカフェレーサーをイメージ

SV650X ABSは、ロードスポーツバイク「SV650 ABS」をベースに、カフェレーサースタイルに仕上げたモデル。ヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロールシートなどの“スポーツカスタム”の要素を取り入れたほか、燃料タンクには「SUZUKI」の文字を入れ、レトロな印象でまとめているのが特徴。2017年秋に開催された東京モーターショーで世界初公開された。

同車の主な特徴は以下のとおり。

<SV650X ABSの主な特徴>

デザイン・装備

  • レトロな印象の、カフェレーサースタイルの個性的な外観。
  1. 左右のスリットでアクセント付けしたヘッドライトカウル。
  2. カフェレーサースタイルを強調するセパレートハンドル。
  3. シート座面を立体感のある仕上がりにしたタックロールシート。
  4. 「SUZUKI」の文字を入れた燃料タンク。
  • 車体色はグレー「オールトグレーメタリックNo.3」を設定。
  • プリロード調整式のフロントフォーク。
  • 黒色のレバー、フットステップおよびペダルを装備。
  • ヘッドライトの下にオプションでフォグランプを装着可能。
  • スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。
  • 前後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの利きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。

エンジン・車体

  • 645cc水冷90度V型2気筒エンジン
  • 発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進や停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上させた。
  • スリムで軽量な車体(装備重量197kg)により、街乗りからツーリングまで幅広い走行条件において、軽快で優れたハンドリング性能を実現。

年間目標販売台数は500台。

(webCG)

関連キーワード:
SV650Xスズキバイク自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキSV650X ABS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.24 試乗記 合言葉は「The Timeless V-Twin Roadsport」。スズキから、ちょっと懐かしいスタイリングのニューモデル「SV650X」が登場。Vツインの軽快なネイキッドモデル「SV650」をカフェレーサースタイルに仕上げた一台の出来栄えを試す。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • ヤマハXSR700(6MT/MR)【レビュー】 2018.3.3 試乗記 人気モデル「MT-07」の基本設計とネオレトロなデザインを組み合わせたヤマハのネイキッドモデル「XSR700」。強力なライバルの登場により、今後ますます注目を集めると予想される2気筒・700ccクラスを勝ち抜くことはできるのか?
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • ヤマハXSR900(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.14 試乗記 “ザ・パフォーマンス・レトロスター”をコンセプトに開発された、ヤマハの大型バイク「XSR900」に試乗。既存の車種の枠を超え、新しい価値を提供するとうたわれる、ニューモデルの走りを報告する。
ホームへ戻る