クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・ステップワゴン スパーダ

今なおパイオニア 2018.02.05 Honda車と過ごすプレミアムな休日<PR> 多人数が快適に過ごせて、ドライバーも走りを楽しめる。「ホンダ・ステップワゴン」は、そんな欲張りな希望を見事に両立させた、画期的なミニバンといえるだろう。“家族のプレミアムな笑顔”を求めてドライブに出掛けた。

画期的機構のわくわくゲートを採用

日本のミニバンを語る上で、ステップワゴンを外すことはできない。1996年に「クリエイティブ・ムーバー」シリーズの第3弾としてデビューし、新時代のファミリーカーとして脚光を浴びた。それまでもミニバンは存在していたが、商用車から派生したモデルがほとんどだった。前席の下にエンジンを置くキャブオーバータイプで、静粛性や乗り心地には問題を抱えていた。

エンジンルームとしてフロントノーズを設け、そこにエンジンを搭載して遮音。そして駆動方式にFFを採用したことで、飛躍的に快適性を高めたのがステップワゴンである。四角い箱型のフォルムを採用して広い室内空間を確保し、余裕のある3列シートを実現した。キャブオーバータイプより床面を大幅に低くすることができたため、乗降性もアップ。ドライバーは乗用車と変わらない運転感覚を得た。家族全員が満足できるクルマで、ミニバンは一気にファミリーカーの主流となったのだ。

ほかのメーカーからも似たコンセプトのモデルが次々に発売されたのは当然だろう。でも、ステップワゴンは常に先進的な技術を取り入れ、パイオニアとしてミニバンというジャンルのリーダーであり続けてきた。2015年に登場した現行型も、画期的な装備を取り入れている。それが、「わくわくゲート」だ。

ミニバンは荷物をたくさん積めることが特長だが、車高が高いからテールゲートはどうしても大きくて重いものになる。狭い場所では開閉できないし、大きな力が必要だ。わくわくゲートはこの難問を解決した。テールゲートに小さな横開きのドアを組み込み、閉めたままで横に開くようにしたのだ。荷物の出し入れが楽になるだけでなく、このドアから室内に乗り込むこともできる。使い勝手の良さは抜群で、子育て世代の女性から絶大な支持を受けている。

→お近くのお店はこちらから検索

今回のドライブの目的地は富士急ハイランド。東京・日本橋を出発し、中央自動車道を西へと向かう行程だ。
今回のドライブの目的地は富士急ハイランド。東京・日本橋を出発し、中央自動車道を西へと向かう行程だ。拡大
「わくわくゲート」は現行型「ステップワゴン」のウリのひとつ。写真のように、リアハッチから室内へと乗り込むこともできる。
「わくわくゲート」は現行型「ステップワゴン」のウリのひとつ。写真のように、リアハッチから室内へと乗り込むこともできる。拡大
ドライブに使用したクルマは、2列目が独立したキャプテンシートとなる7人乗り仕様。8人乗り仕様の場合は、2列目が3人乗りのベンチシートとなる。
ドライブに使用したクルマは、2列目が独立したキャプテンシートとなる7人乗り仕様。8人乗り仕様の場合は、2列目が3人乗りのベンチシートとなる。拡大
大人でも快適に過ごすことができる3列目シート。使わないときは折りたたんで、床に格納できる機構がうれしい。
大人でも快適に過ごすことができる3列目シート。使わないときは折りたたんで、床に格納できる機構がうれしい。拡大

フル乗車でも余裕のパワーユニット

利便性だけが人気の理由ではない。3列シートにフル乗車しても力強い走りができる余裕のパワーが評価されているのだ。ハイブリッドモデルと、1.5リッターのガソリンエンジンモデルが用意されている。ガソリンモデルは、ミニバンにしては排気量が小さいように思うかもしれないが、これはいわゆるダウンサイジングターボエンジン。効率よくパワーを絞り出し、最高出力は150psに達する。

乗ってみると、数字以上に力強い。低回転域からターボが効くので、発進からパワフルさを感じる。CVTが適切な回転域を保ち、効率よく加速していく。河口湖を目指して中央道を走っていくが、山梨県に入ったあたりに難所がある。談合坂の上りだ。キツい勾配なので、遅いクルマのために登坂車線が設けられている。並のミニバンなら試練となるが、フル乗車でもエネルギッシュに上りをクリアしていくのがステップワゴンなのだ。

目的地まではまだ距離があるので、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を利用することにする。速度と車間距離を設定し、加減速はクルマにおまかせ。レーンを外れそうになると車線維持支援システム(LKAS)が注意を喚起して中央に戻れるようにステアリング操作をアシストしてくれるのも、ドライバーにはありがたい。今回のドライブに使用したステップワゴンには、先進安全運転支援システムの「ホンダセンシング」が搭載されており、衝突軽減ブレーキや歩行者事故低減ステアリングなどがドライバーをサポートしてくれるのだ。

河口湖インターチェンジを出たところにあるのが富士急ハイランド。季節にもよるが朝9時か9時半から営業しているので、なるべく早く来場して午前中から絶叫マシンに乗りまくるのもいい。

→お近くのお店はこちらから検索

中央自動車道を行く「ステップワゴン スパーダ」。ハイブリッドモデルでも、ダウンサイジングターボモデルでも、上り坂が苦にならないパワフルな走りが可能だ。
中央自動車道を行く「ステップワゴン スパーダ」。ハイブリッドモデルでも、ダウンサイジングターボモデルでも、上り坂が苦にならないパワフルな走りが可能だ。拡大
アダプティブ・クルーズ・コントロールや車線維持支援システムの操作は、ステアリングスポーク右側のスイッチで行う。
アダプティブ・クルーズ・コントロールや車線維持支援システムの操作は、ステアリングスポーク右側のスイッチで行う。拡大
前後左右に備わった4つのカメラによる映像でドライバーをサポートする「マルチビューカメラシステム」が便利。ギアをリバースに入れた時のほか、ウインカーレバーに設置されたボタンで任意に起動することもできる。
前後左右に備わった4つのカメラによる映像でドライバーをサポートする「マルチビューカメラシステム」が便利。ギアをリバースに入れた時のほか、ウインカーレバーに設置されたボタンで任意に起動することもできる。拡大
富士急ハイランドは、中央自動車道 河口湖インターを降りてすぐという便利なロケーション。インター手前でその姿が見えてくると胸が高まる。
富士急ハイランドは、中央自動車道 河口湖インターを降りてすぐという便利なロケーション。インター手前でその姿が見えてくると胸が高まる。拡大

快適な車内空間に家族も満足

コースターやお化け屋敷などのアトラクションを楽しみ、河口湖へと向かう。道は整備されているものの、幅は広いとはいえず、観光客で混み合っている。すれ違いには気を使う場面だが、ステップワゴンは前方視界が良好なので心配はない。薄型メーターはダッシュボードの上に配置されていて、視線移動が少なくてすむのも運転のしやすさに貢献している。

ドライバーが気持ちよく運転していても、後席の家族から文句が出ることもある。フラフラと左右に揺れ動いていると不愉快で、最悪の場合は乗り物酔いしてしまう。ステップワゴンは車高が高いのに重心が低く、カーブでもロールが少ないのが特長だ。2列目も3列目も頭上と膝の前には十分な空間があるから、家族はゆったりと景色を眺めながらドライブを楽しむことができる。

河口湖のまわりに点在する多くのミュージアムやギャラリーの中からセレクトしたのは河口湖木ノ花美術館。絵本作家の池田あきこが描くメルヘンの世界を体験する迷宮のような空間だ。扉では猫のダヤンが待っていて、不思議の国へと手招きする。ショップでは版画やここでしか手に入らないダヤングッズが販売されていて、ファンはどれを買うか目移りしてしまうだろう。

次に向かうのは、あまり知られていない穴場スポット。松山油脂ファクトリーショップだ。昔ながらの釜炊き製法でせっけんを作り続ける松山油脂の富士河口湖工場は、森に囲まれた自然豊かなロケーション。敷地内にかわいらしいウッディーな建物のショップがあり、スキンケア商品やオーガニックコットンタオルなどを購入できる。店の中にはナチュラルな香りが漂っていて、商品を選んでいる間もハッピーな気持ちだ。

買い物をしているうちに、太陽はだんだん西へ傾いていった。河口湖に戻ると湖面が赤く染まっている。ステップワゴンの快適な室内から山の向こうに沈んでいく夕日を眺めていると、美しさに時間を忘れてしまいそうだ。

(写真=荒川正幸)

→お近くのお店はこちらから検索

Aピラーを分割して設けた三角窓や、薄型のメーターパネルの採用によって実現した、前方視界の良さも魅力のひとつだ。
Aピラーを分割して設けた三角窓や、薄型のメーターパネルの採用によって実現した、前方視界の良さも魅力のひとつだ。拡大
河口湖周辺にある河口湖木ノ花美術館に立ち寄る。建物は絵本作家の池田あきこの作品に登場する、タシールエニット美術館を再現する形でデザインされている。
河口湖周辺にある河口湖木ノ花美術館に立ち寄る。建物は絵本作家の池田あきこの作品に登場する、タシールエニット美術館を再現する形でデザインされている。拡大
河口湖周辺で穴場といえるショッピングスポットの松山油脂ファクトリーショップへ。松山油脂の富士河口湖工場に併設されており、富士山麓の豊かな水を生かしたスキンケア商品などがそろう。
河口湖周辺で穴場といえるショッピングスポットの松山油脂ファクトリーショップへ。松山油脂の富士河口湖工場に併設されており、富士山麓の豊かな水を生かしたスキンケア商品などがそろう。拡大
河口湖のほとりにて夕景を楽しむ。アダプティブ・クルーズ・コントロールや車線維持支援システムがあるから、遅くまで楽しんでも運転の心配は不要だ。
河口湖のほとりにて夕景を楽しむ。アダプティブ・クルーズ・コントロールや車線維持支援システムがあるから、遅くまで楽しんでも運転の心配は不要だ。拡大

車両データ

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1695×1840mm
ホイールベース:2890mm
車重:1820kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
エンジン最高出力:145ps(107kW)/6200rpm
エンジン最大トルク:175Nm(17.8kgm)/4000rpm
モーター最高出力:184ps(135kW)/5000-6000rpm
モーター最大トルク:315Nm(32.1kgm)/0-2000rpm
タイヤ:(前)205/60R16 92H/(後)205/60R16 92H(ブリヂストン・トランザER33)
燃費:25.0km/リッター(JC08モード)/20.0km/リッター(WLTCモード)、18.8km/リッター(市街地モード:WLTC-L)、21.7km/リッター(郊外モード:WLTC-M)、19.5km/リッター(高速道路モード:WLTC-H)
価格:355万9680円/テスト車=394万2000円
オプション装備:マルチビューカメラシステム(8万6400円)  ※以下、販売店オプション Gathersナビゲーションシステム(21万6000円)/フロアカーペットマット<プレミアムタイプ>(5万7240円)/ドアバイザー(2万2680円)

→お近くのお店はこちらから検索

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING
ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING拡大
 
ホンダ・ステップワゴン スパーダの画像拡大