第473回:豪快な“どろんこ遊び”で実感!
本場が鍛えたトーヨー製オフロードタイヤの実力

2018.01.25 エディターから一言
「フォードF-150ラプター」に装着されたトーヨーのオフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T」。
「フォードF-150ラプター」に装着されたトーヨーのオフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T」。

トーヨーのオフロードタイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズが、いよいよ日本にも本格導入されることに。アメリカで根強い人気を誇る“本場モノ”の実力を、特設のオフロードコースと一般道での“チョイ乗り”で試した。

右がオフロード性能を追求した「OPEN COUNTRY M/T」。左がオンロード性能にも配慮した「OPEN COUNTRY R/T」。このほかにも「OPEN COUNTRY」シリーズには、よりオンロード走行を重視した「A/Tプラス」や「U/T」などもラインナップされている。(U/Tについては日本導入の予定はない)
右がオフロード性能を追求した「OPEN COUNTRY M/T」。左がオンロード性能にも配慮した「OPEN COUNTRY R/T」。このほかにも「OPEN COUNTRY」シリーズには、よりオンロード走行を重視した「A/Tプラス」や「U/T」などもラインナップされている。(U/Tについては日本導入の予定はない)
試乗会場に展示されていた、最高出力850ps(!)を発生するオフロードレースの競技車両。トーヨータイヤは「ダカールラリー」や「バハ1000/500」といったオフロード競技の参加者に、積極的にタイヤを供給。ユーザーの支持を集めてきた。
試乗会場に展示されていた、最高出力850ps(!)を発生するオフロードレースの競技車両。トーヨータイヤは「ダカールラリー」や「バハ1000/500」といったオフロード競技の参加者に、積極的にタイヤを供給。ユーザーの支持を集めてきた。

本場アメリカで鍛えられたオフロードタイヤ

東京モーターショーと並ぶ日本の自動車ビッグイベントとして、すっかり定着した「東京オートサロン」。例年同様、年明け早々に3日間の会期で開催された2018年のプログラムも、軽く30万人を超える人々を動員するなど、成功裏に終了したことが報告されている。

幕張メッセの全ホールを使用して大々的に行われた今年のオートサロン。そこに出展した多数のタイヤブランドの中にあって、ちょっと異彩を放っていたのがトーヨータイヤのブースだった。そこでは、おなじみの市販タイヤやレースタイヤなどと共に、日本ではなじみの薄いオフロードタイヤが大々的に展示されており、オートサロンでは珍しい、文字通り“泥臭さ”が漂うブースとなっていたのだ。

実はこれ、従来アメリカ市場を中心に展開してきたこの種のアイテムを、今年からは日本市場にも本格投入することを踏まえてのプロモーション活動なのだ。日本ではあまり知られていなかったものの、トーヨータイヤはこのカテゴリーでは際立つ強さの持ち主。北米では20インチ以上のピックアップトラック/SUV用ライトトラック・タイヤにおいて、約40%というトップシェアを誇るのだという。

あなたにおすすめの記事
新着記事